高額な洗顔料って何がそんなにいいの?


洗顔

洗顔料は高額な方が効果ある?使い心地から成分まで、安い洗顔料と徹底比較

口コミやレビューからもチェック!高額な洗顔料の効果

市販の洗顔料といえば、1000円以下で買えるものがほとんどですよね。中には100円ショップの洗顔料などもあったりして、意外と洗顔料にはお金をかけていないという人は多いと思います。
一方、高級ブランドの洗顔料やスキンケア商品に定評があるメーカーの洗顔料は1本3000円以上するものもあり、洗顔料としては少し高額だなと感じてしまう商品が多数存在するのも確かです。
実際興味はあるものの、「高額な洗顔料って何がいいんだろう」「どれも一緒じゃないの?」と思ってしまいますよね。しかし、実際に使った人からの声をチェックしてみると、高額な洗顔料はどのような効果があるのかがわかってきます。

間違った洗顔いわゆる高級洗顔料を使った人の口コミの多くは「洗い上がりが滑らか!」「すごくしっとりする」と洗い上がりの良さを評価しています。また、今まで安い洗顔料を使っていた人は値段の差はどこに出ているのかがわかりやすく、「泡がキメ細やか」「泡切れがよくてスッキリ洗い流せる」といった使用感の違いも感じられているようです。
実際高額な洗顔料と安い洗顔料との違いは何かといえば、配合されている美容成分や保湿成分の量の違いではないでしょうか。また、天然成分を使っていたり香料も合成のものを使っていないというものが多いです。
安い洗顔料はどうして安く売ることができるのかといえば、成分が安価に手に入れられるものだからです。一方高額な洗顔料は天然素材を使ったり、合成成分を使わずに調合していくのでそれなりにコストがかかります。さらに1本3000円、4000円と高額になっていくのには広告費などもかかっているのです。
しかし高額ではありますが、決してぼったくりというわけでもありません。高い洗顔料を懸念する人の中には「どうせ成分が違うと言っても高すぎる!ぼったくりでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、実は高級ブランドの洗顔料は費用対効果を考えるとかなりお得であるものが多いです。
例えば高級ブランドの化粧品は1本1万円以上するのもありますよね。しかし洗顔料はかなり数千円だったりするので、その時点で安いと感じることもあるはず。実は高級ブランドの洗顔料は、そのブランドならではの高い品質は保ちながらも価格設定が低いことが多いのです。高級ブランドの化粧品はやはりそれなりに良い効果があることは確かですが、それと同じような効果を低価格で実感できるのが、高級ブランドの洗顔料なのです
もし「安い洗顔料も高い洗顔料もどれも同じだろう」と考えるのであれば、一度でもいいので高額な洗顔料を使ってみてください。使用感や洗いあがりのしっとり感はやはり違いがあると気がつくはずです。

正直、値段は関係ない!?洗顔料を選ぶポイントとは

高額な洗顔料は確かに安い洗顔料と比べれば美容成分はもちろん保湿成分もたっぷり、使っている素材はやはり質が良く、高いだけあるなと感じさせてくれるものばかりです。
しかし、洗顔料がどれだけ良くても肌に合わなければ意味がありません。
同じように、洗顔料がどれだけ高くて品質が良くても肌の汚れをきちんと落とすことができていないのならば全く意味がなくなってしまうのです。
逆に安い洗顔料でも含まれている成分が自分の肌と合えば当然使い続けるうちに肌はもっと良くなりますし、安くてもきちんと肌の汚れを取ることができれば無理して高いものを買わなくても洗顔としての役割は十分に果たせるのです。

いくら高額な洗顔料が使い心地が良くて、洗い上がりがしっとりしていても毛穴の中に汚れが詰まったままであれば次第に肌の調子が悪くなってきたり、なかなか肌質は改善されないということも多いでしょう。

洗顔料を選ぶ最大のポイントは値段ではありません。値段よりも大事なのは洗浄成分です。洗顔の基本は汚れをきちんと落とすことなので、美容成分や保湿成分が入っていてもいいですが肝心の洗浄成分が少なければ当然汚れを落とすことができなくなってきてしまいます。どんな洗浄成分を使っているか、きちんと肌の汚れを落とせるのかに注目してみるのも洗顔料を判断する1つのポイントです。

中には「安い洗顔料には界面活性剤が使われているから嫌」という人いますが、界面活性剤も石油由来のものから天然由来まで種類は様々です。肌に優しい界面活性剤もありますよ。

美容成分や保湿成分を肌に与えるということは、洗顔でなくてもできることです。洗顔本来の意味を成す洗顔料を探したいというのなら、まずは洗浄成分をチェックしてから購入した方がいいでしょう。肌に優しく汚れをしっかり落とせる洗顔料なら、どれだけ安くても、あるいは高くても肌にとっては良いといえます。

スキンケアメーカーの洗顔料は、スキンケアのことを専門的に研究しているだけあり、洗浄成分は肌に優しくしっかりと汚れを落とせるものを使っているものが多いです。さらに洗顔で失われてしまいがちな美容成分、保湿成分もあり、さらに天然素材にこだわっている洗顔料も売られています。洗浄成分から美容成分、さらに保湿成分、肌に良いことを追求していくとそれなりにコストがかかるものです。しかもそれをいろんな肌を持った人たちに使ってもらうわけですから、研究費に制作費、さらに広告費もかかります。

高額な洗顔料はブランドだから高いのではなく、肌への優しさ、肌に良いものを追求した結果、かかってしまった金額とも考えられるのです。
とはいえ、安価でも自分に合う洗顔料を見つけたのであれば無理して変える必要はありません。ただ、もし「高くても安くてもいいから、本当に良い洗顔料を使いたい」と思い始めたのなら、スキンケアブランドの洗顔料から試してみるのもいいでしょう。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る