女性用育毛剤の種類と選び方の注意点


はじめに

女性用育毛剤の分類薄毛に悩む女性は、近年増えてきています。薄毛で悩む女性の中には、女性用育毛剤で育毛を今現在やっているという人や、これからやってみようと考えている人も多いと思います。女性用育毛剤は様々な種類があり、これから育毛を始めようと思っている人の中には、どれを選べばいいかわからないと思っている人も多いのではないでしょうか。どの女性用育毛剤を選べばいいかわからないという人や、どんな種類があるのかわからないという人のために、女性用育毛剤の種類と選び方の注意点についてお話ししたいと思います。

女性用育毛剤の分類

まず、女性用育毛剤の分類についてお話しします。薬事法に基づいて、女性用育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品の三種類に分類することができます。

医薬品の女性用育毛剤

医薬品の女性用育毛剤は、薬事法によって効果・効能が認められており、中には医師の処方が必要な医療用医薬品のものもあります。男性の薄毛に多いAGA(男性型脱毛症)の治療薬として用いられる、フィナステリドという内服薬などは、医師の処方が必要な医療用医薬品に指定されています。医薬品の女性用育毛剤は効果が高い分、副作用のリスクがあり、使用には注意が必要です。

医薬部外品の女性用育毛剤

広告などで目にする女性用育毛剤のほとんどが、医薬部外品の女性用育毛剤です。医薬部外品の女性用育毛剤は、医薬品のものに比べると効果がゆるやかではありますが、副作用のリスクが少なく、薬局や通販などで入手しやすいなどのメリットがあります。医薬部外品の女性用育毛剤は、薄毛の治療に効果があるとされる多数の有効成分を配合しており、薬事法で認められた成分に限って、効果・効能を表記することが許されています

化粧品の女性用育毛剤

化粧品の女性用育毛剤は効果・効能が正式に認められていない女性用育毛剤です。効果がないというわけではありませんが、効き目は緩やかで副作用のリスクも低いというところが特徴です。女性の薄毛の原因のひとつとして、頭皮の乾燥がありますが、頭皮に潤いを与えるタイプの女性用育毛剤には化粧品の女性用育毛剤も多くあるようです。

女性用育毛剤の種類

次に、女性用育毛剤の種類についてお話しします。女性用育毛剤は、それぞれ効果・効能が違います。女性の薄毛の原因はひとそれぞれ違い、合わないものを選んでしまうと効果がないだけでなく、逆に抜け毛が増えてしまうこともあります。自分の薄毛の原因を知って、効果のある女性用育毛剤を選ぶようにしてください。

女性ホルモンを含む女性用育毛剤

女性ホルモンを含む女性用育毛剤閉経や更年期障害などで、エストロゲンが減少することが原因の薄毛には、女性ホルモンを含む女性用育毛剤が有効です。ホルモン投与には様々なリスクが付きまとうので、女性ホルモンを含む女性用育毛剤を使用するときは医師と相談する必要があります。
市販の女性ホルモンを含む女性用育毛剤は、医師に処方してもらうものよりも効果が緩やかな分、副作用も少ない特徴があります。また、女性ホルモンに似た働きをするといわれている、イソフラボンなどの成分を配合している女性用育毛剤もあります。

頭皮の環境を整える女性用育毛剤

頭皮の炎症や乾燥が原因で薄毛になっている女性には、頭皮の環境を整える女性用育毛剤をおすすめします。女性は髪の毛を染めることも多く、日常的にパーマを当てるなど、頭皮の痛む行動をしてしまいがちです。また、爪をのばしている女性も多いので、頭をひっかいた際に頭皮に傷を作ってしまうという事もあります。そういったことが原因で、頭皮が炎症してしまったり、乾燥してしまったりするのです。
頭皮の環境を整える女性用育毛剤には、フケの発生を抑える抗フケ剤や、頭皮で繁殖するカビを防ぐ抗菌剤、頭皮の炎症を抑える消炎剤などの有効成分が含まれています。抗菌剤にはアルコールが使用されることもあり、刺激が強いことも多いので使用する際には注意しましょう。

頭皮の血行を促進させる女性用育毛剤

女性の薄毛の原因の一つに頭皮の血行不良が挙げられます。頭皮が固くなり、血行不良になると、髪の毛に栄養が行きわたらなくなり、抜け毛や毛が細くなる原因となってしまいます。頭皮の血行不良が原因で薄毛になっている人には、頭皮の血行を促進させる女性用育毛剤がおすすめです。
頭皮の血行を促進させる女性用育毛剤には、血管拡張剤や髪の毛の新陳代謝を促す角質溶解剤などの有効成分が含まれています。

毛根に栄養を与える女性用育毛剤

栄養不足が薄毛の原因になるということを知らない人は意外と多いです。過度なダイエットや日常的な食事制限で薄毛になってしまっている女性は多いです。髪の毛の栄養がたりず、薄毛になってしまっている女性には、毛根に栄養を与える女性用育毛剤が有効です。
毛根に栄養を与える女性用育毛剤には、ビタミン類やアミノ酸など髪の毛に良いといわれる栄養が配合されており、頭皮を健康にしてくれます。ただ、ダイエットなどで栄養不足になっている人は、食生活を改善しないと薄毛も改善しない場合が多いです。女性用育毛剤に頼りすぎず、食生活も変えていくように心がけてください。

注意すべき女性用育毛剤は?

女性用育毛剤は効果が高いものも多く、自分に合ったものを見つけられれば薄毛を改善させることができます。しかし、中には注意しなければいけない女性用育毛剤もあります。効果が自分に合っていたとしても、体質的に合わないという危険性があるのです。体質に合わない女性用育毛剤を使用してしまうと、使用した個所に発疹ができて、逆に薄毛が酷くなってしまうこともあるうえ、重大な疾患を引き起こす場合もあって危険です。

副作用のある女性用育毛剤

副作用のある女性用育毛剤たとえば、副作用のあるものです。女性用育毛剤の中には副作用があるものもあり、体質に合わない場合や、病気などで薬を服用しているときに使用できない場合があります。血行促進効果や発毛効果の期待できるミノキシジルという成分は、副作用があるということで有名です。頭皮につけることから、最も一般的な副作用は頭皮のかゆみです。症状が重くなると、頭痛や低血圧、手足のしびれやむくみ、動悸などの副作用が起きることもあります。口コミサイトなどを見てみると、「ミノキシジルの含まれた女性用育毛剤を使用したことで、使用箇所にニキビのような発疹ができた」という口コミを見ることがあります。副作用が出たといっている人は少ないですが、もしものこともあるので注意が必要でしょう。女性用育毛剤はどの商品にも、説明書や注意書きがなされています。使用しても大丈夫か事前に公式サイトなどで確認すると良いです。

アルコール類が含まれた女性用育毛剤

また、アルコール類が含まれた女性用育毛剤にも注意が必要です。女性用育毛剤の中には、アルコールを使用しているものも多々あります。清涼感を出すため、毛穴に詰まった皮脂を除去するため、抗菌、血行促進のためなど、さまざまな理由がありますが、女性の地肌や髪の毛にとって、アルコールは必ずしもいいものとは限りません。アルコールは、白髪染めやカラーリング、パーマなどの色落ちの原因になります。一回使用したからといって、すぐさまパーマがとれたり、髪の毛の色が薄くなったりはしませんが、気になる場合は使用を控えて、アルコール不使用のものに切り替えた方がいいでしょう。また、地肌が弱い人は、アルコールが頭皮につくだけで炎症を起こしてしまう場合もあります。炎症した個所から雑菌が入り、フケや抜け毛などのさらなる頭皮トラブルにつながる危険もありますので、自分の肌が弱いという自覚のある人は、最初から使用するのをやめておいたほうが安全でしょう。

女性用育毛剤で失敗しないためにできること

女性用育毛剤で失敗しないためにできること女性用育毛剤で引き起こされる副作用や疾患の話を聞いてしまうと、どうしても女性用育毛剤を使用することにしり込みしてしまうと思いますが、きちんと事前に対策しておくことで、危険を回避することはできますよ。
たとえば、副作用や使用できない病気などは、説明書に書いてあります。購入してからじゃなきゃ説明書は読めないのでは?と思うかもしれませんが、女性用育毛剤の公式サイトには説明書や成分表がきちんと表記されています。購入前にきちんと成分や副作用を確認するようにしましょう。
また、口コミ情報などをチェックするのもおすすめです。口コミサイトには、女性用育毛剤の良かった点や悪かった点が書かれており、自分と肌質や症状の合う人を見つければ、本当にその商品で効果があるか、副作用・肌荒れなどを起こさないかなどを調べることができます。そういったサイトの口コミは、ときどき嘘のものもあります。手放しに誉めたり、理由もなく効果がないと書いている口コミにはあまり信憑性がありません。きちんと使用方法や経過、どれくらいの期間使用していたかなど、事細かに書かれた口コミにこそ信憑性があります。なるべく信憑性のある口コミを探すようにしましょう。

女性用育毛剤の選び方の注意点

女性用育毛剤をこれから使って育毛しよう!というときに、いくつか注意してもらいたい点をまとめてみました。

刺激が強い成分が入っているものは選ばない

まず、刺激の強い成分が入っているものは最初から選ばないことです。アルコールなどもそうですが、刺激の強い成分は、頭皮の抗菌、毛穴の皮脂つまりの除去を行ってくれます。しかし、一方で頭皮の乾燥や、肌が弱い場合は炎症を起こす危険性もあるのです。男性と女性の肌は違い、やっぱり女性の肌は男性に比べてデリケートです。少しでも頭皮トラブルを避けたいと思うなら、アルコールなどの刺激が強い成分の含まれていない女性用育毛剤を使用するようにしてください。最近では、ノンアルコールの女性用育毛剤や、無香料・防腐剤不使用・無添加の女性のデリケートな肌に配慮した、お肌に優しい女性用育毛剤も増えてきています。お肌が弱いと思う人は、「無添加」、「ノンアルコール」と書かれた商品を選ぶようにしてみてください。

購入前に女性用育毛剤の分類も確かめる

女性用育毛剤は、「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」の3つに分類できると先に書きましたが、この分類を購入前に確認しておくことも大事です。女性用育毛剤は、医薬品が一番効果が高く、効き目は良いのですが副作用がでることがあります。医薬品の女性用育毛剤の中には、医師の処方を必要としないものもあるのです。もし、自分の使いたいと思う女性用育毛剤が医薬品であった場合は、医師に相談してみるのがいいでしょう。医師に処方してもらう必要がなくても、きちんと医師と相談することで、未然に副作用の発生をふせぐことができるかもしれないです。
また、肌が弱いと思う人は、医薬品の女性用育毛剤を使用せず、医薬部外品・化粧品の女性用育毛剤を使用するのもひとつの手です。医薬部外品や化粧品の女性用育毛剤は肌に良い、優しいことを売りにしている商品も多く、肌の弱い人でも自分に合ったものが選べるのではないかと思います。

続けて同じ女性用育毛剤を使用する

続けて同じ女性用育毛剤を使用する医師に処方してもらった女性用育毛剤は医師の指示通りの期間使用すればいいのですが、市販の女性用育毛剤を使って育毛するときは、どれくらいの期間続ければいいかわからないという人も多いと思います。髪の毛の伸びる長さは一か月で約1cmほどしかありません。育毛の効果というのは、成功していたとしても数週間程度ではわからないのです。なので、効果がないと勝手に勘違いして女性用育毛剤を途中で使用するのをやめてしまうのが一番もったいないのです。女性用育毛剤はだいたい1本で1か月分の分量になっています。最低でも、半年間は同じものを使用し続け、それでも少しも効果を感じられないようなら、使用するのをやめて別の商品に切り替えた方が良いです。
なんにせよ、育毛は長丁場になります。女性用育毛剤は、続けて使用することが大事ですので、長い目で見て焦らず育毛する気持ちを作っていきましょう。

無理して高価なものを選ばないようにする

そして最後に大事なのが、女性用育毛剤の値段です。はりきって高価な育毛剤を選んでしまうのは危険です。続けて使用してかなければいけないので、「今月はお金がないから買えなかった…」なんてことになってしまっては意味がないのです。無理して高価なものを買うよりも、自分の身の丈に合った値段のものを選ぶようにしてみてください。月にどれくらいのお金を育毛にかけてもいいか、女性用育毛剤を購入する前に予算を出しておくといいでしょう。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る