女性の育毛を妨げることとは?


女性の育毛を妨げる行為は大きく分けると、喫煙、食事、お酒、睡眠不足があります。どれも思い当たりませんか?この4つの妨げることについて少し細かく考えてみます。

喫煙が女性の育毛を阻害する

非喫煙者が受動喫煙を気にして喫煙者にマナーを促す、いわゆる嫌煙という風潮があります。年々訴える声が増えたのか、レストランなどでは喫煙できるスペースや時間を区切ってあることが多くなりましたね。喫煙者も減少の傾向にあるようです。
喫煙が癌のリスクを高めるなど健康に良くないことは知られていると思いますが、髪の毛にも良くないと知っていましたか?では、どういった良くないことがあるのでしょうか。

喫煙

喫煙は血行を悪くする

煙草に含まれるニコチンは、毛細血管を細くする作用があります。

つまり喫煙で毛細血管が細くなれば、その分血液が体に行き渡りにくくなります。血液の巡りは健康な体を作る上で大切な要素ですが、髪の毛にとっても例外ではありません。
髪の毛は毛母細胞という細胞からつくられます。毛母細胞は髪の毛にとってとても重要な細胞です。毛母細胞は血液によって運ばれてくる栄養素を得て、髪の毛になっていくからです。しかし喫煙で毛細血管が細くなるとどうなるでしょうか?頭皮への血流が滞り、毛母細胞まで栄養素が届かなくなってしまいます。
いくら頭皮マッサージなどで血行を良くしようとしても、毛細血管が細くなっていたら元も子もありません。

喫煙はビタミンを破壊する

喫煙で体内のビタミンCが消費されるのは有名な話かもしれません。喫煙によって体内に入ってきたニコチンやタールなどの有害物質を体外へ排出するため、体内のビタミンが多く消費されます。その中で最も消費量が多いのがビタミンCだからです。
ビタミンCが最も多いものの、他のビタミンも喫煙によって消費されます。それらの中にはビタミンB、ビタミンEも含まれます。
特に、ビタミンBは育毛において不可欠な栄養素です。髪の毛はタンパク質から作られますが、ビタミンBには食事から摂取したタンパク質の吸収を促す作用があるからです。そしてビタミンEには髪の毛の成長を促し、また頭皮や髪の毛の老化を防止する作用があります。煙草を吸うと、せっかく摂取したこれらの栄養素が無駄になってしまいます。

育毛のために禁煙を

現在煙草を吸われている女性はとても多くいらっしゃると思います。髪の毛のために今すぐ禁煙しましょうと言われても難しいですよね。無理に禁煙することによって逆にストレスが溜まってしまうかもしれません。そこで、髪の毛のために栄養を摂り、その栄養を余すところなく活かせるようにしようと意識してみることから始めると良いかもしれません。
頭皮の血行促進、効率の良い育毛のために、無理のない範囲で少しずつ禁煙してみてくださいね。
手っ取り早く抜け毛や薄毛を改善したいと悩まれている方は女性用育毛剤についてのページをご覧ください。

女性の育毛を妨げる食べ物がある

食事と人は切り離すことができません。食事によって様々なものを得られます。ただ、それも必ずしも良いものばかりではありません。例えば育毛を妨げる、髪の毛に悪影響を及ぼす可能性もある食べ物もあります。どういった食べ物が当てはまるのでしょうか?

食べ物

塩分・糖分の多い食べ物

塩分を過剰に摂取すると腎臓に負担がかかり、高血圧などを引き起こす原因となります。そうすると体の血流が滞り、血行が悪くなります。髪の毛は血液によって運ばれる栄養を得ているので、血行が悪くなればその分栄養が行き渡りにくくなってしまいます。味噌や醤油、お漬物など和食は塩分が多く含まれています。それらを食べすぎないように、また味付けを控えめにして塩分を摂りすぎないようにしましょう。
糖分の多い食べ物も摂りすぎると危険です。摂取された糖質は肝臓で脂質へと変貌します。すると皮脂が過剰に分泌されることになります。頭皮で過剰な皮脂の分泌が起こるとフケや抜け毛の原因となるので、髪の毛にためにも摂りすぎないようにしてくださいね。お菓子やジュースはもちろん、アルコールにも多くの糖分が含まれているので、注意が必要です。

辛い食べ物・脂っこい食べ物

辛いものを食べると血行が良くなります。一見良いことのように思えますね。しかし辛いものをたくさん食べすぎると、汗をかいてしまいます。汗をかくと脂ぎったような頭皮になりますよね。暑い時期などに覚えがあるのではないしょうか?頭皮に脂質が過剰に分泌されているのは、良い状況ではありません。頭皮の脂は毛穴をつまらせ、育毛の妨げとなるからです。
同様に動物性の脂っこい食べ物も頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こし、かつ血流を悪くします。前述の通りどちらも髪の毛には良くありません。動物性の脂質、飽和脂肪酸がこれらを引き起こします。これらは肉料理などを食べすぎなければ防ぐことができます。またバターやチーズ、卵にも多く含まれています。

食べ物は適量で

塩分や糖分、脂質が多く含まれてからい食べ物を食べたらすぐに育毛の妨げになるわけではありません。もちろん、これらを一切食べてはいけないということでもありません。塩分や糖分や脂質は、体に必要な栄養素にもなります。ただ多く摂りすぎてはいけないということです。
様々な食べ物をバランスよく適度に摂ることを心がけましょう。過度なダイエットや暴飲暴食も体への負担がかかるので、食事のメニューや量を見直してみてくださいね。きっと髪の毛も喜ぶはずです。

お酒が女性の育毛の妨げる

女性でもお酒が好きな方は多いですよね。仕事終わりの一杯も励みにしている方もいるかと思います。適量のお酒ならばリラックス効果も得られます。
ですがもちろん良いことばかりでありません。病気のリスクが高まる他、育毛の観点でもアルコールのとりすぎはおすすめできません。今回は髪の毛にとってお酒がどうよくないのか、ご紹介します。
アルコール

アルコールの分解

お酒を飲むと、アルコールが分解され肝臓でアセトアルデヒドという有害物質が発生します。アセトアルデヒドはその後さらに酢酸という無害な物質へと分解されていきます。髪の毛にはシスチンという成分が多く含まれていますが、アルコールや煙草など体に有害な物質を分解する際、このシスチンが多く消費されてしまいます。するとシスチンが少なくなり、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。
また多くアルコールを摂取してしまうと、アセトアルデヒドの分解が間に合わなくなってしまいます。

それにより血中にアセトアルデヒドが含まれると髪の毛に栄養が行き渡りにくくなるほか、脱毛を促進させる物質になるという指摘もあるので、飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

その他の髪の毛にとって悪いこと

他にもお酒が育毛の妨げになることを簡単にお伝えしていきます。
別の記事で睡眠が髪の毛にとって大切だと紹介しましたが、お酒を飲むと気分が高揚し、眠りについても十分な休息が得られなくなってしまいます。これは覚えのある方も多いのではないでしょうか?
またお酒には多くの糖分が含まれます。甘くないお酒であっても果実や米、麦などを原料としているため、お酒を飲むとかなりの糖分を摂取していることになります。すると皮脂の分泌が過剰になり、毛穴詰まりを引き起こしてしまいます。

対策

お酒が髪の毛に良くないことが分かっても、一切のお酒を断つことは難しいですよね。当然飲まないに越したことはないのですが、お酒が好きな方はもちろん、好きでなくても付き合いの場で断るのも角が立って気が引けます。
いきなり禁酒、ほど極端にする必要はありません。お酒のアルコール度数や糖分含有量をきちんとチェックして、飲みすぎに気をつけてみてください。アルコールの適量は個人差があるので一概には言えませんが、酔っ払わない程度にお酒を楽しみましょう。髪の毛の他体への負担も考えれば、休肝日を設けることも有効です。週に何回この量を飲む、と決めればアルコールを過剰に摂取することもなくなりますし、お酒が好きな方も禁酒によるストレスが軽減されるのではないでしょうか。
少しずつでも構いません。無理をせず適切にお酒も楽しみつつ、体と髪の毛を労わってくださいね。

睡眠不足は女性の抜け毛・薄毛につながる

質の良い睡眠をとれていますか?寝つきや寝覚めが悪くないでしょうか。そうでなくても忙しい生活を送っていると、規則正しく過ごすことはなかなか難しいですよね。睡眠不足は体に様々な不調をもたらしますが、髪の毛に対しても例外ではありません。
抜け毛や薄毛にお悩みの方は、睡眠環境を整えてみてはいかがでしょうか。

睡眠不足

髪の毛は優先順位が低い

人間は睡眠中に成長ホルモンを分泌し、日中受けたダメージを回復します。体の疲れなどに比べると認識しにくいかもしれませんが、髪の毛も同様です。しかし、十分な睡眠がとれなければ、髪の毛の回復は後回しにされてしまいます。人間が生きていくのに必要な他の臓器などの回復が優先されるからです。
後回しにされるとダメージが回復しない上、髪の毛をつくる毛母細胞の活動も鈍らせます。すると現在生えている髪の毛は傷んだまま、かつ新しい髪の毛は生えてこなくなってしまいます。女性用育毛剤を使用しても、髪の毛の生まれる土台が整っていなければ効果は十分に発揮されません。

髪の毛にとって質の良い睡眠とは

成長ホルモンが盛んに分泌されるのは22時から明けて2時までと言われています。この時間帯に深い眠りについていれば、成長ホルモンの恩恵を最も受けることができます。22時に床に就くのは難しいかもしれませんが、できるだけこの時間帯に睡眠をとる様にしましょう。
寝つきを良くするため寝る前にアルコールを飲む人もいるかもしれませんが、睡眠のことを考えるとあまりおすすめできません。アルコールに限らず寝る寸前に飲食をすると、眠っている最中にも体が消化のために活動を続けてしまい、十分な休息をとれなくなってしまいます。食事は睡眠の2~3時間前に済ませておきましょう。難しい場合は少しでも消化に良いものを選んで食べてください。
一定の睡眠サイクルを体に覚えさせることも有効です。仕事や家事の影響で眠る時間、起きる時間、睡眠時間の合計が日ごとでばらばらになってしまうのはあまり好ましくありません。毎日同じ時間に睡眠をとれば体がそれを覚え、成長ホルモンの分泌が促されます。どうしても22時~2時に睡眠がとれなければ、多少睡眠の質は劣りますが、自分でサイクルをつくってしまうのも手ですよ。

睡眠不足は髪の毛にとっても大敵です。早寝早起きが難しいという方も、少しずつ規則正しい睡眠をとれるよう意識してみてください。きっと美しく丈夫な髪の毛になっていくはずですよ。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る