本当は簡単!?毛穴の黒ずみは毎日のケアで改善させよう!


普段スキンケアに注力しているのに、小鼻だけは黒くなってしまっている、毛穴が目立つという人もいるのではないでしょうか。毛穴の黒ずみを隠そうとしてファンデーションやコンシーラーが厚塗りになり、余計に目立ってしまっている女性もよく見かけます。
毛穴の黒ずみを正しく改善することができれば、黒ずみだけでなくきれいな肌も同時に手に入れることができるのです。ここでは毛穴の黒ずみの原因や対策、予防方法をご紹介します。

毛穴の黒ずみが起きてしまうのはどうして?

  • 毛穴の中の汚れがきちんと落ちていないことが原因
  • 皮脂が過剰に分泌されてしまっていることが原因
  • 毛穴パックの乱用、毛穴に負担をかけていることが原因

毛穴の黒ずみが起きてしまうのには原因があります。実はこの原因を知らず知らずのうちに発生させてしまっていることも多いんです。
自ら毛穴の黒ずみを作ってしまっていないかチェックしてみてください。特に間違ったスキンケアによって引き起こされてしまっている原因は大きいです。

毛穴の中の汚れがきちんと落ちていないことが原因の場合

毛穴の中の汚れがきちんと落ちていないことが原因の場合毛穴が黒ずんでしまう本当の原因は、皮脂や古くなった角質、ホコリやゴミなどが毛穴に詰まってしまうことで角栓ができるからです。角栓が皮膚の表面に出て、空気に触れて酸化してしまうと黒くなり、これが黒ずみとして認識されます。
私たちは毎日顔を洗いますが、洗顔の際に毛穴の奥に詰まった汚れがきちんと落としきれていないと、汚れがだんだんと溜まってしまうため黒ずみの原因となるのです。
特に肌のためにお湯で洗顔をしているという人や、メイクが薄いからメイク落としは使わなくても大丈夫だという気持ちでしっかりと洗顔をしていない人は毛穴に汚れが溜まってしまっていることもあります。また、遊んだり飲んだりして遅く帰ってきた日などに顔を洗わず、メイクをしたまま寝てしまったりすると一気に毛穴は汚れで詰まってしまいます。こういった生活を繰り返している人は、知らず知らずのうちに毛穴が黒ずんでしまっているということが多いです。
毛穴に汚れが詰まっていくとそれだけ毛穴が広がっていってしまいます。毛穴が大きくなれば毛穴の影さえも黒く見えてしまうのです。毛穴に汚れを溜めてしまうことで、毛穴の黒ずみがますます大きくなってしまう原因となります。
毛穴は広がると隣の毛穴とくっついてさらに大きな毛穴になることもあります。同時に黒ずみも発生していたら、さらに大きな黒ずみが生まれてしまうことになりますよ。

皮脂が過剰に分泌されてしまっていることが原因の場合

間違ったスキンケアをしていたり、肌が乾燥してしまっている人に多いのがこのパターンです。
スキンケアが不十分で肌が乾燥してしまっている場合、肌はさらなる乾燥を防ごうとしてどんどん過剰に皮脂を分泌してしまうのです。
皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴にもたまりやすくなってしまいます。毛穴に皮脂がたまればその分毛穴も大きくなり、角栓となれば黒ずみが発生してしまうのです。
毎日顔をきれいに洗っていても、その都度皮脂が過剰に分泌してしまうのであれば常に毛穴は詰まりやすい状態です。さらに、皮脂が毛穴に詰まった状態でさらに皮脂が出るわけですから毛穴はどんどん大きくなってしまうでしょう。そのため黒ずみが目立ちやす苦なってしまう人もいます。
皮脂が気になるからといって毎日何度も顔を洗う人はもちろん、メイク直しの際に脂取り紙などで必要以上に皮脂を奪ってしまっている人も肌が乾燥しやすく、皮脂が過剰に分泌されてしまいやすいので注意しましょう。こちらも知らない内に毛穴の黒ずみとなる角栓を作ってしまう原因となるのです。
特に黒ずみが気になるからといって鼻を触る癖などが有る人も要注意です。皮脂が過剰に出ている分、手の汚れも鼻につきやすくなります。自ら毛穴を詰まらせ、黒ずみの原因を作り出しているのと同じことになってしまいますよ。

毛穴パックの乱用、毛穴に負担をかけていることが原因の場合

角栓が空気に触れて黒くなるのなら、角栓をとって仕舞えばいいのだと考える人も多いですよね。手っ取り早く毛穴パックで角栓を取ると、不思議と鼻がツルツルになったように感じるという人もいるのではないでしょうか。
しかしツルツルになったのはその時だけのことが多いです。実際、毛穴パックをして1週間もすればまた新しい角栓ができていますし、毛穴パックを使いすぎてしまったせいで毛穴が広がってしまったという人も少なくありません。
ひと昔前は角栓がすっきり取れるとCMなどでも評判になった毛穴パックですが、実は無理やり角栓を引っこ抜いてしまっていると同時に肌や毛穴に負担をかけてしまっていることになります。
実は無理やり角栓が引き抜かれる際に、毛穴を無理やり広げてしまっているのです。そのため何度も毛穴パックを使っていると次第に毛穴が大きくなっていきます。毛穴パックの乱用で毛穴が広がってしまったという人がいるのはこういったことが理由なのです。
また、毛穴パックは使っていないけれどピンセットで毛穴をほじくりながら角栓を抜いているという人も気をつけましょう。無意識に毛穴を傷つけてしまったり、無理に角栓を抜いた際に毛穴パックと同じように毛穴を広げてしまっているかもしれないのです。

毛穴が黒ずむ原因を断つことで黒ずみを改善できる

毛穴の中の汚れがきちんと落ちていないことが原因の場合の改善方法

毛穴の中に汚れが詰まっていることに気がつかずに洗顔を済ませてしまっている人は多いのですが、洗顔をすれば毛穴の汚れは落ちていると思ってしまうのも当然ですよね。
毛穴の汚れを落としたくても洗浄力の強い洗顔料を使う必要はありません。ポイントは洗顔の際の「泡」にあります。
日々の洗顔で毛穴の中に溜まってしまった汚れを落とすには、洗顔料をきちんと泡立てるようにするといいでしょう。洗顔料の泡が汚れを吸着してくれるので、泡は大きなものよりきめ細やかなものの方が汚れもよく落ちます。
また、メイクが上手に落ちていないと洗顔でも落としきるのは難しくなってしまいます。メイク落としはメイクを落とすように、洗顔料は顔を洗うようにと分けて使うと良いでしょう。メイク落としだけで顔を洗っても全ての汚れが落ちるわけではありませんし、洗顔料だけで顔を洗ってもメイクが落ちるわけではないのです。
より毛穴の汚れを落としたいのであれば、1?2週間に1度酵素洗顔をしてみてください。酵素洗顔はパウダー状の洗顔料で、きめ細やかな泡ができます。酵素を含んだ泡が皮脂の持つタンパク質を分解してくれるので毛穴の奥の汚れまですっきりします。定期的な使用で次第に黒ずみが目立たなくなっていくのでおすすめです。

皮脂が過剰に分泌されてしまっていることが原因の場合の改善方法

皮脂が過剰に分泌されてしまっている原因として、肌の乾燥が挙げられます。つまり肌を乾燥させないようにすることで皮脂の過剰分泌を避けることができ、毛穴の黒ずみの改善につながります。
毎日のスキンケアで保湿を十分に行うようにしたり、洗顔を何度もしすぎないように注意しましょう。スキンケアで化粧水をつけたあとそのままにしているような人は肌が乾燥してしまいやすいです。化粧水をつけた後は必ず油性のクリームなどで蓋をしてあげると蒸発をふせぐことができます。それでもまだ乾燥してしまうという場合は、セラミドなどの保湿力の高い成分が入った化粧水やクリームを使うといいでしょう。
また、スキンケアの効果がイマイチ感じられないという人は洗顔できちんと汚れを落とせているかもチェックしてみてくださいね。
毛穴の黒ずみが気になるばかりに何度も顔を洗ってしまうという人は、毎日多くても2回までの洗顔にしてください。何度も顔を洗うことで必要以上に皮脂を奪ってしまい、乾燥肌につながってしまうのです。
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などからくるホルモンバランスの乱れによっても皮脂は過剰に分泌されてしまいます。毛穴の黒ずみがどうしても治らないという場合は一度生活週間を見直してみるのも良いでしょう。

毛穴パックの乱用、毛穴に負担をかけている場合の改善方法

まずは毛穴パックの使用を中止することから始めましょう。定期的に毛穴パックを使っている人にとっては、角栓はどうやってとったらいいの?と悩んでしまうかもしれませんが毛穴パックで余計な負担をかけていることが毛穴の黒ずみの大きな原因でもあります。
最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、毎日の洗顔できちんと毛穴の汚れを落としていればそこまで角栓ができてしまうようなことはありません。
ピンセットや毛抜きなどで角栓を抜いていたという人も一旦、中止しましょう。角栓があまりに溜まってしまって見苦しいという場合はピーリング効果のある洗顔料を使ってみると良いでしょう。もちろん肌がツルツルになるからといって乱用するのは避けてくださいね。
また、わざと毛穴に負担をかけてしまうようなスキンケアを避けた方がいいでしょう。スキンケアの効果を発揮させたいがために肌をゴシゴシこすってしまうのは、肌はもちろん毛穴にも逆効果です。化粧水はやさしく毛穴に押し込むように、手のひらでつけてあげると効果的ですよ。毛穴の汚れをきちんと落とした後に保湿をすることで、乾燥から肌を守ることができるので角栓もできにくくなります。
一瞬にして毛穴の汚れが落ちたように感じる毛穴パックですが、今後は使わずに、スキンケアで黒ずみを改善させていきましょう。
毛穴の黒ずみが発生してしまった時にやるべき対処法
気をつけてはいたけれど、毛穴が黒ずんできてしまったという場合はどうしたらいいのでしょうか。
毛穴の黒ずみは一度できてしまうと改善には時間がかかってしまいます。とはいえ黒ずんでしまった毛穴をゴシゴシこすってしまうのはNG。日々の予防があってこそ、黒ずみのない毛穴を保つことができるものですが、それでも黒ずみが発生してしまったという場合は洗顔に力を入れてみるのがおすすめ。
特に洗顔ですすぐ際、時間をあまりかけない人が多いのですがここですすぎ残しがあるとなかなか毛穴の黒ずみが改善しません。そこで洗顔にかけた時間の3倍ほどの時間を使ってしっかりとすすいでみましょう。すすぎの際も肌をゴシゴシこすらないように気をつけてくださいね。
また、酵素洗顔を定期的に行うと良いでしょう。酵素洗顔は一回の使用でもかなり黒ずみが改善されたという声も多いです。使いすぎには注意したいところですが、黒ずみが発生してしまった時の対処法としては最も簡単な方法となります。
普段しっかりとメイクをしているという人は、黒ずみが気になってきたら薄めのメイクにするのもおすすめです。濃いメイクはどうしても落とすのに時間がかかってしまい、落としきれないこともあります。薄いメイクだからといってメイク落としを使わずに終わってしまうのもよくありませんが、濃いメイクが落ちないまま毛穴に詰まってしまうと黒ずみがひどくなってしまうので、黒ずみが改善するまでは肌や毛穴に負担をかけないようなメイクを心がけるとかなり違うはずです。

毛穴の黒ずみは日々のケアの積み重ねで予防できる

  • 毎日の洗顔を正しく行う
  • ビタミンC配合の化粧水でスキンケアをする
  • 洗顔前、スキンケア前に蒸しタオルを使う
  • 毛穴の黒ずみはなかなか改善できないからこそ予防が大事です。予防には積み重ねが必要となるものが多いですが、どれも簡単なことばかり。
    スキンケアの一貫として取り入れることで、自然に黒ずみのないきれいな毛穴を手に入れることができるはずです。

    毎日の洗顔を正しく行うことで予防

    毎日のケアが大事毎日顔を洗えばいいというわけではありません。正しい洗顔ができていない場合、毛穴の黒ずみだけでなくニキビやシミの原因にもつながります。正しい洗顔を1日でマスターするのは難しい話ですが、基本さえ覚えれば大丈夫。
    正しい洗顔なら毛穴の汚れがきちんと落ちるので、美肌も手に入れることができますよ。
    まず、洗顔で一番覚えておきたいのが、洗浄力の強い洗顔料は避けるということ。洗浄力が強いとそれだけで必要以上に皮脂を奪ってしまうことになるので、洗い上がりの肌が乾燥した状態になってしまうのです。結果的に皮脂がたくさん出てしまい、毛穴の黒ずみの原因となってしまうので洗浄力は優しいものを選ぶようにしましょう。
    ぬるま湯で十分に顔を濡らしたら、洗顔料をしっかりと泡立てます。泡立てが苦手な人は泡立てネットを使用してもかまいません。泡ができたら皮脂の多いTゾーンをから泡をのせていき、そのまま泡をすべらせるようにして洗っていきます。ゴシゴシこするのではなく、泡で汚れを吸着させるイメージです。
    特に黒ずみが気になる小鼻の周りは指を使って泡を軽く押し付けながらくるくると滑らせていくといいでしょう。
    あまり時間をかけずに、顔全体泡を滑らせたら十分にすすぎます。すすいだ後はタオルで軽くおさえるようにして水分を取り、スキンケアを行いましょう。ゴシゴシせずに、優しくしっかり洗い流すのがポイントです。

    ビタミンC配合の化粧水でスキンケアして予防

    ビタミンCには皮脂の過剰な分泌をおさえてくれる効果があります。また、保湿力も高く毛穴を引き締めてくれるので、肌の乾燥や毛穴の広がりを防ぐことができるのです。
    毛穴をきちんと蓋することができれば水分の蒸発を防げるだけでなく、黒ずみも目立たなくなっていきます。一度開いてしまった毛穴は元に戻すことができないものの、ビタミンCには肌をふっくらとさせる効果もあるので、使い続けることで毛穴が目立たなくなっていくのです。
    即効性はありませんが、ビタミンCが配合されている化粧水も多いのでスキンケアに気軽に取り入れられるのが魅力です。
    よりビタミンCの効果が高い方がいいという場合はビタミンC誘導体が配合されている化粧水を使うと良いでしょう。
    ビタミンCは酸化に弱い成分ですが、ビタミンC誘導体であれば浸透力も高いので、酸化して壊れてしまうことなく肌に有効成分を届けることができます。
    水溶性、脂溶性、そして両方の性質を持つビタミンC誘導体がありますがそれぞれ名前が違うので覚えておきましょう。
    例えば水溶性はアスコルビン酸Na、アスコルビルエチルなど、脂溶性はパルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビルなど、そして両方の性質を持っているのはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、APPSといった表記がされている成分です。

    洗顔前、スキンケア前に蒸しタオルを使って予防

    洗顔前やスキンケア前に蒸しタオルを使うと毛穴が開くので、汚れも落ちやすくなり、さらにスキンケアの成分が浸透しやすくなりますのでおすすめです。
    洗顔の前に毛穴を開いてあげることで毛穴が広がり、洗顔料がきちんと毛穴の奥の汚れを落としてくれます。本来ならぬるま湯などで予洗いをした際に毛穴も開くのですが、水温が低かったり予洗いが十分な場合、または普通に洗顔をした場合でも毛穴がきちんと開くことはあまりありません。
    事前に蒸しタオルで顔をあたため、毛穴を開いてあげれば汚れも奥からすっきり。きちんと泡立てて洗顔をすれば、毛穴の黒ずみ予防になります。
    また、スキンケアの前に毛穴を広げてあげれば化粧水などの成分が浸透しやすくなります。最後はきちんと油性のもので蓋をしてあげなければいけませんが、毛穴を広げた後はキュっと毛穴を引き締めてあげることも大事です。
    おすすめはスキンケアの後に清潔なタオルに保冷剤を包み、小鼻など毛穴の広がりや黒ずみが気になるところに軽く押し当てて冷やす方法です。
    保冷剤が冷たいので毛穴がキュッと引き締まり、自然と毛穴の目立たない肌になりますよ。毛穴を広げたままの状態にしないようにすれば汚れも詰まりにくくなり、黒ずみの予防になります。
    正しい洗顔と正しいスキンケアをすれば毛穴はきれいに!
    いかがでしたでしょうか。毛穴の黒ずみに悩んでいる人の多くが正しい洗顔ができていないか、スキンケアが間違っているかのどちらかです。

    毛穴の汚れをきちんと落とすことと、過剰に皮脂を分泌させないこと。

    この2つを守るようにすれば毛穴の黒ずみも自然と目立たなくなるだけでなく予防することもできます。
    また、普段から毛穴の黒ずんだ部分を触る癖があったり、毛穴パックで無理やり角栓を取っているという人は今すぐにやめて、角栓ができないようなスキンケアを心がけると良いでしょう。角栓を作らないようにするには、とにかく肌を乾燥させないこと。肌が乾燥してしまうと、皮脂は過剰に分泌してしまうのでどんどん毛穴に詰まっていきます。肌を保湿してあげることで乾燥を防ぎ、皮脂の分泌を正常になりますので角栓ができにくくなるのです。
    毛穴パックは使っていないけれど角栓が気になる、という人は無理に角栓をとってしまうのではなく、スキンケアを見直してみると良いでしょう。
    また、洗顔もスキンケアを正しいはずなのに毛穴の黒ずみが目立つという場合は食生活など生活週間をチェックしましょう。特に睡眠不足の人は、肌も十分に休めていないことになってしまうので黒ずみがなかなか改善できません。ビタミンやミネラルなど、バランスの取れた食事を心がけ、ストレスをあまりためずに十分な睡眠をとることで肌のターンオーバーが正常になりますので黒ずみ予防だけでなく美肌のためには効果的です。
    高い化粧品を使うのもいいですが、まずは正しいケアができているかどうか、一度見直してみるのも良いのかもしれませんね。

    タップル誕生


関連記事

おすすめ!

女性用育毛剤の口コミ ノンエー口コミ

彩の美容情報ツイート

友だち追加数

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る