股(ビキニライン)の黒ずみ対策と解消方法!泡洗顔と保湿が重要。


気になる股の黒ずみに効果てきめん!

下着をつけているときはいいのだけれど、お風呂の時やトイレの時にハッと気になってしまうのが股(ビキニライン)の黒ずみ。他人に見せることはほとんどないものの、なかなか相談しにくい悩みでもありますよね。パートナーがいる人はもちろん、黒ずみが気になってしまって異性に対しても積極的になれないなんて人も中にはいます。子供の頃は黒ずみなんてなかったのに、どうして気がついたらこんなことになってしまってるんだろう…とがっかりしてしまうものですが、股の黒ずみにはきちんとした理由があるのです。黒ずみのイメージ

長年の刺激が蓄積されて、「股が黒ずんでる!」と悩む女性が急増中

股が黒ずんでしまう主な原因としては、下着や洋服などの摩擦によるものが多いです。

肌は外部からの刺激を受けると防御しようとして、角質層を厚くしたりメラニンを生成してしまいます。ちょうど黒ずみが気になるところは、下着のゴムの部分が擦れるところやタイトなボトムを履くと擦れるような部分ではありませんか?下着や洋服によって摩擦を受けやすいところは角質層も厚くなりやすく、黒ずみやすくなります。

お尻の下のあたりも黒ずんでいるという人もいますが、脂肪が少なく骨が椅子などに当たりやすかったり、ずっと座り仕事をしていて下着との摩擦を毎日繰り返している状態のために黒ずんでしまっていることが多いです。

股の黒ずみの理由として、さらにもう1つ。
かぶれてしまったり炎症によって起きてしまう色素沈着によってできる場合もあります。

股のあたりはとてもデリケートな皮膚のため、汗はもちろんボディソープやムダ毛の処理などで刺激を受けやすいところです。さらに女性ならおりものや生理用のナプキンなどで長時間刺激を受け続けてしまうことは多いので、かぶれてしまったり、ひどくなると炎症を起こしてしまってなかなか治らないという人も少なくありません。

特にかぶれている時点で痒みを感じると、つい掻いてしまったりもするのですが、掻いたことで刺激となって色素沈着を起こしてしまったり、ムダ毛の処理などで使うカミソリが刺激となって角質層が厚くなったりしてしまいます。

摩擦や刺激によるかぶれや炎症を防ぐだけでもだいぶ違ってくるとは思いますが、下着を履かないわけにもいきませんし、ムダ毛の処理を全くしないで過ごすのもまた難しいと思います。せめて、自分のサイズに合った天然素材の下着、肌触りの良い下着を選んでみたり、通気性の良い洋服を着るようにするだけでも違うはず。

特に炎症を起こしてしまっている、かゆみがあるという時はタイトなジーンズなどを履くのはやめて、スカートなどで過ごしたほうが治りも早い上に黒ずみを防止できます。
また、十分に保湿をするというのも大事なこと。肌が乾燥しているとダメージを受けやすくなり、角質層はみるみる分厚くなってしまいます。黒ずみも起こりやすくなってしまうので、できてしまった黒ずみにはまず保湿を心がけ、肌の状態を正常化してあげることで改善を促すということも可能です。

まとめると股の黒ずみの原因は2つ

  1. 歩いたりするときの摩擦が原因
  2. かぶれや炎症による、色素沈着が原因

この2つを意識してケアしていけば、黒ずみが解消に向うと思います。

股の黒ずみ対策用クリームに頼る

股の黒ずみの解消のための専用クリームも販売されています。特に摩擦が原因で黒ずんでしまう方は色素沈着の方よりも治りやすい傾向にあると思いますので股の黒ずみ対策クリームは特におすすめです。
気になる方は是非チェックしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみケア専用!薬用のイビサクリーム
~薬用の黒ずみ解消クリームを使ってみた~
黒ずみの解消には黒ずみ専用のクリームが良いと聞き、使ってみた時の写真です。
股黒ずみ解消

股黒ずみ解消股の黒ずみはいつもショーツが擦れる部分的に特に黒ずんでいたんですが、黒ずみ専用クリームを2ヶ月間使用したら結構薄らぎました。さすが薬用クリームだなという感想です。このイビサクリームは色々なランキングサイトで1位になってるのでオススメですよ!
イビサクリーム公式サイトへ

その他黒ずみクリーム



緑

股の黒ずみの原因を作らないための条件を満たしている「泡洗顔」をまずは試してみよう

黒ずみの原因が摩擦や外部からの刺激によるダメージによるものであれば、毎日お風呂で体を洗うことがすでに刺激になっている場合もあります。そんな時は、肌に負担をかけないのはもちろん摩擦もしない、それなのに汚れがしっかり落とせて保湿もできる泡洗顔を利用するのがおすすめです。泡洗顔といえば泡をたっぷりと泡立てて行う洗顔のこと。キメ細かい泡が毛穴に入り込んで余分な皮脂や汚れを落とすことで古くなった角質が剥がれ落ち、肌のターンオーバーのリズムが整います。これを黒ずみが気になる股の部分に応用してしまえばいいのです。

肌のターンオーバーが正常化すれば、摩擦やダメージによって起きてしまった黒ずみの原因となるメラニンも排出を促され、さらに正常化した皮膚はバリア機能も取り戻し、外部からの刺激に対して抵抗力を持ち始めます。
そのため黒ずみを解消させることができるのです。
キレイに汚れが落ちた股の黒ずみがきになる部分には保湿をきちんと行ってあげることで乾燥を防ぎ、さらなる摩擦による黒ずみを予防することもできます。肌の黒ずみを作る要因のない泡洗顔を利用して股の黒ずみが気になるエリアをたっぷり泡立てた洗顔料で洗ってみることで、黒ずんだ肌に負担をかけずに、効果的にケアしていくことができるでしょう。

ボディソープを泡立てて、こすらずに洗うというのも良いのですが、洗浄力の強いボディソープを使わないようにしましょう。肌に負担をかけない、肌に優しいものを選ぶというのがポイントです。泡が最初から出てくるタイプのものならば、自分で泡立てる手間もかからないので便利です。

洗顔をするように手で優しく、泡を転がすようにして気になる股部分を洗い、お風呂上がりは顔のスキンケアと同じように化粧水などで丁寧に保湿を心がけて下さいね。次第に肌が柔らかくなり、気になっていた黒ずみも薄くなってきますよ。

股の黒ずみがひどくなる!やってはいけないこと。

人にはいえないアソコの悩みはやはり解決したいですが、まずは予防がとても大切です。股の黒ずみを防止するためにはやってはいけないことがありますのでそちらを守るようにしましょう。今既に黒ずんでいる方も、今以上に黒ずみが進行しないようにすることは必須ですから是非下記点を気をつけて見てほしいと思います。

対策1:下着の食い込みに気をつける。

周りに相談しにくいデリケートゾーンの悩みで多いのが股の黒ずみ。
股部分はデリケートで刺激を受けるとメラニン色素を生成しやすい場所のため、黒ずみも起きやすい部分です。
そんな股の黒ずみはなんとかして解消しようと思っている女性も多いと思いますが、実は日常生活でもやってしまいがちなことが股の黒ずみをひどくさせている可能性があります。
特に多いのが、サイズの合わないショーツによる摩擦です。
股の黒ずみ防止のために、絶対にやってはいけないことは「摩擦」。

合わない下着をつけたり、スキニーパンツなどでぴったりと股に衣服や下着が密着するような状態になっていないか気をつけましょう。
サイズの合わない下着は肌に食い込み、体の形がきれいに見えないだけでなくどんどん肌に擦れてしまうのでデリケートゾーンはたちまち黒ずんでいってしまいます。
日頃から正しいサイズの下着や衣服を身につけるのはもちろん、肌への刺激が少ない素材、通気性に優れた素材のものを選ぶようにしましょう。

対策2:お風呂でゴシゴシ洗うこと。

ゴシゴシこすらない
黒ずみが気になる!という人はお風呂でゴシゴシと洗ってしまっている人も多いのではないでしょうか?
黒ずみを防止するなら、お風呂~お風呂上がりのケアも重要です。

特にやってしまいがちなのが、体を洗うときにピーリングのようにゴシゴシとナイロンタオルなどで擦ってしまうこと。
擦れば当然摩擦になりますので黒ずみはひどくなってしまいます。

また、お風呂上がりは体には何もしないという人は多いですが、ボディソープは特に洗顔料などよりも洗浄力が強いです。乾燥によっても摩擦は引き起こされるので、お風呂上がりは黒ずみが気になる部分はきちんと保湿するようにしましょう。
ゴシゴシ擦って洗う、あるいは全く洗わない(古い角質がたまったまま)、保湿をしない、というのは黒ずみをひどくさせる原因となります。

対策3:ストレスをためないように気をつけること。

ストレスも黒ずみになる
摩擦から肌を守ったり保湿を心がけることは黒ずみ防止において必要不可欠なものですが、実はストレスも黒ずみの原因になっていることをご存知でしょうか。
ストレスが溜まることで体の抵抗力が低下し、免疫力も落ちてきてしまいます。そのため、肌が外部の刺激から極端に弱くなってしまうので、ちょっとした刺激でも黒ずみにつながってしまう可能性があるのです。

また、ストレスが溜まることで肌のバリア機能が低下し、衣服の刺激で痒みを感じたり、汗などでかぶれやすくなります。炎症を起こしてしまっている部分を無理に掻いてしまったりすれば炎症はさらに悪化し、色素沈着の原因にもなってしまいます。黒ずみがさらにひどくなり、解消しにくくなってしまうので肌のためにもストレスはなるべく溜めない方が良いのです。
肌を清潔にできて、しかもリラックス効果もあるバスタイムはもちろん、音楽を聴いたり、ストレッチをしたり、よく寝たりと自分なりの方法でストレスを解消していきましょう。「黒ずみが憎い…」とずっと気にしてしまうのもまたストレスになりがちです。すぐに解消できるものではありませんので、気長に向き合いケアを続けましょう。

対策4:カミソリや毛抜でのムダ毛処理

カミソリや毛抜はNG
女性の身だしなみとしても大事なムダ毛ケアですが、このムダ毛ケアによって黒ずみをひどくさせてしまっていることもあるので注意が必要です。

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理しているという人は特に要注意!

カミソリは肌に無数の傷を作ります。
そのため雑菌が入ると炎症を起こしやすく、その炎症が黒ずみにつながります。また、毛抜きは毛根だけでなく毛穴そのものが炎症を起こしてしまいがち。ムダ毛がなくなるのは確かにきれいですが、自己処理による肌へのダメージは深刻です。

股の部分はシェーバーで整える程度にするか、どうしてもムダ毛が気になる、毛深いという人は脱毛サロンなどを利用するといいでしょう。プロに任せることで肌への刺激を極力抑え、ムダ毛をなくすことができます。しかもムダ毛が減ることでお手入れの回数が減りますので肌には無駄に刺激を与えることもなくなり、結果的には黒ずみになる原因を減らすことができます。

まとめ:肌に刺激をせず、メラニン排出を心がけることが大切

股の黒ずみの原因となるメラニンをなるべく作らないことと、できてしまったメラニンは早めに排出させてあげることが股の黒ずみの解消法です。
場所的にどうしても黒ずみができやすいとはいえ、日頃から摩擦を避けて保湿を心がけてあげることで次第に改善していくことができるでしょう。特に黒ずみだけでなくざらつきを感じる人は、肌が滑らかになっていくのを実感できるはずです。

また、メラニンを排出するためには外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大事です。
特にストレスを溜めがちな人は注意しましょう。
規則正しい生活はもちろん、栄養バランスの優れた食事や十分な睡眠によって肌のターンオーバーも正常化し、黒ずんでしまった股にとどまっているメラニンも少しずつ排出されていきます。黒ずみを解消するという目的だけでなく、自分の体に良いことをしてあげることで黒ずみのないきれいな肌を作ることができますよ。

デリケートゾーンの黒ずみケア専用!薬用イビサクリーム

股の黒ずみのための薬用クリームデリケートゾーン・股の黒ずみ専用のクリームが薬用で販売されています。それが薬用イビサクリーム。
パラベン、合成着色料、香料、鉱物油、アルコールなど肌に刺激を与える成分は入っておらず、無添加のクリーム!
イビサクリームはメラニンの生成を抑えながら潤い成分をたっぷりと与えてお肌を整えてくれるので今20代の女性を中心に最近人気上昇中です。
イビサクリームは薬用として売られているので、この信頼度が今人気を集めています。
成分には黒ずみを薄くし、美白効果のあるトラネキサム酸と、肌荒れを防いで沈静化してくれるグリチルリチン酸2Kが配合されているため効果はとても期待できるそうなので、是非詳細をチェックしてみてください!
デリケートゾーンの黒ずみ専用イビサクリーム

黒ずみ対策についての記事一覧


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る