脱毛サロンでのメリットとデメリット!次々生えてくるムダ毛にさようなら


抜いても剃っても次から次へと生えてくるムダ毛。ムダ毛処理は、時間がかかり面倒な上に、カミソリで肌を傷つけたり、毛穴が炎症をおこして肌が荒れてしまう危険も。また、ムダ毛が濃かったり、多かったりして、なかなかムダ毛をきれいに処理できないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

脱毛サロンについて知ろう

ムダ毛に悩む人の中には、脱毛サロンを利用してつるつるのお肌を手に入れたい、と考える人も多いかもしれません。街で広告を見かけることも多くなり、いまや身近な存在となってきた脱毛サロン。しかし、「脱毛サロンは強引な営業がありそう」、「脱毛サロンで高額なローンをオススメされそう」などのお金の心配や、「脱毛サロンの脱毛は痛そう」、「脱毛サロンで脱毛に失敗したらどうなるの?」などの技術面の心配も。脱毛サロンに関して気になることはたくさんありそうです。

そこで、脱毛サロンではどんな方法で脱毛するのか、どのくらいの期間通えばいいのか、脱毛サロンのメリット&デメリットなどについて詳しく調べてみました。

脱毛サロンでの脱毛とは? どんなしくみでムダ毛を減らすの?

脱毛サロンでの脱毛方法や施術を受けた後の肌のケア方法、脱毛サロンで脱毛する上で知っておきたい毛の生え変わりの周期について調べてみました。

<脱毛サロンでの脱毛方法は医療機関での脱毛方法とどう違う?>
プロにムダ毛処理をお願いしようと思ったら、脱毛サロンと医療機関での施術が考えられます。脱毛サロンでの脱毛は、医療機関での脱毛とどう違うのでしょうか? まずは医療機関での脱毛方法をみていきましょう。

・「レーザー脱毛」は医療機関でないと行えない
医療機関では、レーザー脱毛が行われていることがほとんどです。

レーザー脱毛は、黒い色に反応する光を当てて、皮膚の下にある黒い毛と毛根部にダメージを与えるやり方。照射パワーが高いレーザーで、毛包にある幹細胞を破壊します。これにより、毛が再生できなくなり、減毛できるのです。レーザー脱毛器の光のパワーは強力なため、レーザー脱毛は医療機関でないと行えないことになっています。

痛みがやや強く、肌がデリケートな人は肌が赤くなることもあります。しかし、何かトラブルがあったとしても、すぐに医師が対応してくれるのは医療機関ならでは。また、金額は脱毛サロンでの脱毛に比べると高額ですが、その分短期間で脱毛が終わります。

・脱毛サロンでの「フラッシュ脱毛」は痛みが少ない
医療機関でレーザー脱毛器が使われる一方、脱毛サロンでは、光のパワーが少ないフラッシュ脱毛が行われています。

フラッシュ脱毛も、レーザー脱毛も、どちらも「光を肌に当てることで、毛が育つのを邪魔する」という意味では、おおまかなしくみは同じですが、フラッシュ脱毛器を使った脱毛方法は、照射パワーが少ない分、痛みが少ないのが特徴です。

また、広範囲に光を当てることができるので、背中などの広い範囲を脱毛するのに向いています。しかし、脱毛効果が弱く、部位によっては施術が長期化することもあります。

脱毛サロンでの脱毛は、医療機関での脱毛に比べると脱毛効果が弱く脱毛に時間がかかるものの、痛みが少なく気軽に受けられる脱毛といえそうです。では、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛についてもう少し詳しく見ていきましょう。

<フラッシュ脱毛の2つの種類 「IPL方式」と「S.S.C方式」>
フラッシュ脱毛には2つの種類があります。「IPL方式(Intense Pulsed Light方式)」と「S.S.C方式(Smooth Skin Control方式)」です。脱毛サロンによって、「IPL方式」を取り入れているところと、「S.S.C方式」を取り入れているところがあります。2つの方式の違いを知って、脱毛サロン選びの参考にしてみてくださいね。

・ 「IPL方式(Intense Pulsed Light方式)」
レーザー脱毛と同じ原理で、濃い色に反応する光を当てることで、毛根に熱ダメージを与え、毛根を衰えさせる脱毛方法です。光を当ててから1?2週間で、いったん毛が抜け落ちます。また毛根から再び毛は生えてきますが、毛は照射前よりも弱々しく細い毛になっていきます。これを繰り返し行うことで、毛根が衰えてだんだんと毛が薄くなり、次第に生えなくなっていくというしくみです。

・「S.S.C方式(Smooth Skin Control方式)」
「S.S.C方式」は、特殊なジェルを使うことが特徴的です。毛穴にジェルの成分を浸透させ、ジェルのみに反応する光を当てることで、ジェル内部の抑毛成分が弾け出すというしくみです。ジェルに含まれる抑毛成分を毛根に繰り返し浸透させることで、毛の成長が抑えられます。こちらも施術を受けてから1?2週間で毛が抜け落ち、施術を繰り返す度に毛が細くなっていきます。

<脱毛サロンで脱毛する上で知っておきたい、毛のサイクルとは?>
・毛の生えるサイクル「毛周期」
ムダ毛を剃ったり抜いたりしてもすぐに生えてきますよね。これは「毛周期」と呼ばれる毛の生え変わりのサイクルがあるからなんです。

毛の1本1本は、毛が伸び、毛根が太くなる「成長期」、毛根の退縮が始まる「退行期」、毛根が退化する「休止期」のいずれかの状態にあり、このうち「成長期」が一番長く通常2?6年間続きます。例えば頭髪は、10日間に3?4ミリ伸びて、一度抜けると約4ヶ月で新しい頭髪が生えてきます。眉毛やまつ毛はそれよりも早く、10日で約1.8ミリ伸び、約2ヶ月で新しい眉毛やまつ毛が生えてきます。

このように体の部位によって生え変わるスピードやサイクルが違います。「顔とワキを同時に脱毛したのに、顔の毛だけ先に生えてきた」ということが起こるのはこのためです。また、実は、皮膚の上に出てきているムダ毛は、全体の毛量の3分の1で、残りの3分の2は皮膚の下にスタンバイしている状態と言われています。剃っても、剃っても、次から次に生えてくるのは、こんなしくみがあるからなのです。

・脱毛に効果の出やすいのは「成長期」
毛周期には、「成長期」、「休止期」、「退行期」がありますが、「退行期」や「休止期」は毛が抜け落ちたり、生えてこない時期なので脱毛をしてもあまり効果がありません。脱毛に効果が出やすい時期は「成長期」です。

成長期の毛に脱毛器の光を当てると、1?2週間後にその毛が抜けていき、1?2カ月弱の間、毛のないつるつるの肌が保たれるようです。次の成長期がやってくると、また毛が生えてくるので、そのときに再度脱毛。これを6回程度、1?2年くらいかけて繰り返すと、だんだんと毛が細くなっていき、自己処理の必要がなくなるくらいにまで毛が少なくなると言われています。

美肌効果も期待できる!? 脱毛サロンで脱毛するメリット

脱毛サロンでの脱毛には、美肌効果があると言われています。また、気軽に立ち寄りやすい雰囲気や、たくさんのコースから選べるというところも魅力です。

<フラッシュ脱毛に使われる光には美肌効果が期待できる>
「IPL方式」と「S.S.C方式」には、それぞれ違った美肌効果があると言われています。

・もともと肌をきれいにする施術でつかわれていた光「IPL」
フラッシュ脱毛に使われる「IPL」という光は、もともと「フォトフェイシャル」という肌を引き締め、シミやソバカスを薄くする施術に使われていました。

施術を行っているときに、施術者の間で「脱毛にも効果があるのではないか?」と話題になり、ドクターによる正式な検証で脱毛効果が確認され、脱毛サロンで使用されるようになったのだとか。

このような経緯があるため、脱毛サロンのフラッシュ脱毛では、ムダ毛の脱毛はもちろん、美肌効果も期待できるようです。しかし、毛根に熱を与えるというこの「IPL方式」のしくみを考えても、肌に負担がまったくないとは言えないので、施術後のケアは忘れずに。

・肌ダメージが少なく、ジェルに美肌効果が期待できる「S.S.C方式」
「IPL方式」と比べても、光がジェルのみに働きかけるので、肌への負担は少ないとされています。また、このジェルに含まれる植物由来成分が肌を整えてくれる効果もあるようです。

・脱毛サロンのフラッシュ脱毛後のケアでキレイな肌に!
脱毛後は赤みが出てヒリヒリしたり、毛穴が目立つなど、肌トラブルにつながる症状が出る場合もあります。脱毛サロンでは、このような症状が出ないよう、施術前と後に保湿ジェルをしっかり塗ってくれますが、それ以外にどんなアフターケアをすればよいのでしょうか?

▼顔脱毛をした場合は、直後にメイクをしない
脱毛サロンで顔脱毛をした場合は、直後はメイクをなるべくしないようにしましょう。メイクの刺激で肌が荒れてしまいます。素顔で帰宅するのが恥ずかしい場合はナチュラルメイクで。

▼ローション、乳液、ジェルをたっぷり塗って保湿
脱毛直後のお肌は乾燥しているので、水分をたっぷり補給してあげましょう。
自分の肌に合うローション、乳液、ジェルなどいつも使っているものを使うのがよいでしょう。

▼刺激の強い素材の服に注意
脱毛後の肌は敏感になっています。寒い季節はウールのチクチクした刺激で肌荒れを起こすことも。足脱毛の場合はタイツにも要注意。脱毛サロンで施術を受けるときは、なるべく柔らかく刺激の少ない洋服を着て行くのがオススメです。

<気軽に行ける雰囲気がある>
脱毛サロンには、美容クリニックに比べると気軽に立ち寄れるというメリットも。クリニックとなると、「病気でもないのに」と、なんとなく行きづらいという気持ちになりがち。脱毛サロンは、雰囲気も明るく訪れやすいのが特長です。大手の脱毛サロンだと、駅近くに店舗があることも多いので、仕事帰りやお買い物のついでに立ち寄れるのもいいですね。

<いろんな価格とコースが選べるメリット>
医療機関でのレーザー脱毛に比べ、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は1回の価格が低めです。さらに、コース割引やモニター割引など、脱毛サロン独自のサービスを行っているところもあったり、自分が希望する部位だけを脱毛できるプランもあるので、賢く利用するとリーズナブルになる場合も多いようです。

しかし、脱毛器のパワーが弱いのでどうしても施術回数が多くなりがち。納得いく脱毛のレベルに達するまで脱毛サロンに何年も通わなければならなくなり、その分料金が高くなった、ということもあるようです。お得だからと言ってすぐ飛びつくのではなく、料金やサービスを総合的に検討して、自分にピッタリのコースを見つけてくださいね。

肌トラブルから契約に関するトラブルまで!? 脱毛サロンのデメリット

ここまでは、脱毛サロンのメリットを見ていきましたが、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

<お肌のトラブルが起きることがある>
・フラッシュ脱毛で起こりえる肌トラブル
フラッシュ脱毛は医療用のレーザー脱毛に比べて刺激はマイルドとはいえ、施術を受けた後はどうしても肌が敏感になってしまいます。

フラッシュ脱毛を施術してくれるプロが、いくら肌トラブルがないよう細心の注意を払ってくれても、体質やその日の体調によってトラブルが起こらないとは限りません。実際に起こる可能性のあるトラブルを調べてみました。

▼やけど
先程も書きましたが、フラッシュ脱毛の中でも「IPL方式」は、光を照射することで毛根にダメージを与える脱毛法です。通常は、弱い出力で施術するので問題ないはずなのですが、肌の状態や体調が悪いなどコンディションによってはやけどになることも。体調だけでなく、光を照射した後の冷却不足がやけどにつながる場合もあります。

また、「IPL」の光はメラニン色素に反応するようにできているので過度な日焼け、乾燥もやけどの原因に。肌のコンディションがよくない場合は事前カウンセリングで相談しましょう。

やけどになってしまった場合は、冷やしてすぐ病院に。脱毛サロンごとに提携している病院がある場合もあるので、まずは脱毛サロンに相談してみましょう。

▼肌が硬くなる
脱毛を続けていると肌が硬くなったように感じることがあります。フラッシュ脱毛で肌に負担がかかり、乾燥して肌が突っ張ることが主な原因です。脱毛後に低刺激のローションやジェル、乳液などを塗布し、アフターケアをしてしばらく様子を見ると改善する場合が多いようです。

何日か経っても状態が変わらない場合は何らかの肌トラブルを起こしている可能性がありますので、病院で相談してみてください。

▼皮膚が敏感になる
フラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛に比べ、痛みを感じにくい脱毛法ですが、まったく痛くないわけではありません。そのため、顔やVIOラインなどデリケートな部位を脱毛した場合、痛みに敏感になってしまう場合があります。脱毛後しばらくすると改善することが多いようですが、時間をおいても痛みが残る場合は病院へ。

▼リンパ腺障害
滅多にないことですが、脱毛サロンで施術を受けた箇所に、しこりのようなものができることがあります。触ると少し痛みがありますが、しばらく経つと消えるのが特長です。通常、脱毛を続けていくと起こりにくくなるようですが、あまりに痛みが強い場合は病院で相談してみてください。

原因として脱毛サロンの器具が不潔など、衛生面に問題がある場合もあるので、症状が続く場合は脱毛サロンを変えるのも一つの方法です。

<脱毛サロンでは「永久脱毛」できない>
脱毛サロンでは「永久脱毛」はできません。そもそも「永久脱毛」とは脱毛をして50年以上ムダ毛が生えてこない場合のみ使える言葉です。脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、ムダ毛の再生力が弱くなる脱毛です。ムダ毛は少なくなりますが、一定の期間が過ぎればまた生えて来るのです。

この部分を理解せずに脱毛サロンを利用して「高いお金を払って永久脱毛をしたのにムダ毛が生えてきた」などとトラブルになることも多いそうです。ムダ毛を永久脱毛したいなら、医療レーザー脱毛が◎。ただし、こちらも施術料金が高額、痛みがあるなどのデメリットがあります。ムダ毛をどの程度なくしたいのか? 痛みには耐えられるのか? 予算はどれくらいか? をよく考えた上で、自分に一番合ったものを選ぶことが大切です。

<施術期間が長い>
医療レーザー脱毛に比べて、フラッシュ脱毛は光の出力に一定の制限があるので脱毛効果がマイルドです。そのため、長い期間施術に通うことになります。希望する部位やどの程度の仕上がりを求めるかにもよりますが、1?2年くらいかけて脱毛する人が多いようです。

女性は結婚や出産などライフステージが変化しやすいもの。「転職して海外勤務になった」「旦那さんの転勤についていくことになった」など突発的なことが起こらないとも限りません。その時々で通いつづけられるかどうかも検討してみましょう。

<解約トラブルが起こる可能性がある>
脱毛サロンの施術は施術期間が長いという特徴があります。その中で、自分や家族の都合で続けることが困難になるなど、解約せざるを得ない状況に陥ることがあります。

脱毛サロンでトラブルにあわないためにはどうすればいいの?

脱毛サロンで肌トラブルや契約のトラブルを避けるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

<肌トラブルを避けるためには>
・こんなときは脱毛しない
脱毛サロンでの肌トラブルにあわないように、肌に疾患がある人や体質的に心配がある人は、主治医に相談して、脱毛してもよいか判断を仰ぐといでしょう。また、施術を受ける脱毛サロンでも、事前に心配事を伝えておくと安心です。また、以下のような日には、脱毛が受けられません。脱毛サロンをキャンセルすることをおすすめします。

▼予防接種の後
インフルエンザの予防接種を受けた後は1週間脱毛できません。事前に脱毛スケジュールを確認して予防接種を受けましょう。

▼生理中
生理中は体も肌もデリケートになっていますので脱毛はできるだけ避けましょう。急に生理になってしまい、キャンセルできない場合は、事前にエステティシャンに相談しておきましょう。フラッシュ脱毛器の出力を弱めるなど対応してくれます。

▼妊娠中
妊娠中は脱毛ができません。出産後に脱毛を再開できる脱毛サロンも多いので、妊娠がわかった時点で脱毛サロンにスケジュールを調整してもらいましょう。妊娠の可能性がある場合は、先に産婦人科で妊娠しているかどうかチェックして脱毛サロンを予約するのがオススメです。

▼飲酒した後
飲酒をして血行がよくなっているときは、脱毛することはできません。脱毛サロンで施術した後も飲酒は避けましょう。二日酔いで体調が悪い日も脱毛は避けましょう。

▼薬を服用した後
薬を服用して脱毛すると思わぬ副作用が起こる可能性もあります。薬を飲む予定がある場合は脱毛サロンの予約はキャンセルしましょう。持病があり薬を毎日飲まなければならない人は、トラブルを避けるため、事前に医師に相談しておきましょう。

<契約に関するトラブルを避けるためには>
・契約内容を事前に確認しよう
「契約書は小さな文字でゴチャゴチャ書いてあるからほとんど見ない」という人も多いと思いますが、注意しておかないと後でトラブルにつながることもあります。契約書は次の3つのポイントに注意しながらよく確認してください。

▼ポイント1:なるべくローンは避ける
「脱毛途中で皮膚トラブルになった」、「海外に引越しをしなくてはならなくなった」などの理由で途中解約する場合、すぐにやめられるようにローンを組むのは避け、月ごとの支払いなど、1回で完結する支払い方法を選びましょう。

▼ポイント2:中途解約ができるかどうかを確認
「中途解約ができるかどうか?」、「その場合の清算方法は?」事前にしっかり確認しておきましょう。悪質な脱毛サロンだと、大事な事項がはっきり明記されていない場合もあります。知識不足につけこまれ、納得のいかない気持ちのまま清算してしまうことにならないように、ぜひチェックしておくべきポイントです。

▼ポイント3:解約手数料の最高限度額は明記されているか?
解約手数料の最高限度額が明記されていない場合は、はっきりさせておきましょう。だいたい2万円に設定されているところが多いようです。また、解約手数料が一切かからない脱毛サロンもあるので選ぶときの参考にしてください。

・契約を取り消したいときはクーリングオフを利用する
「脱毛サロンのカウンセリングに行ったら、しつこい勧誘を受けて必要のないコースまで契約してしまった」という場合は「クーリングオフ」が可能。契約をなかったことにして、全額返金してもらえる制度です。脱毛サロンに出向くことなく、書面で解約できます。

しかし、クーリングオフが可能な条件というのがあります。

▼クーリングオフが可能な条件
契約をした日から8日以内
契約期間が1ヶ月以上
契約金額が総額5万円以上

上記の条件に当てはまる場合は、クーリングオフが可能です。解約したいと思ったら条件を確認し、速やかにクーリングオフの手続きをしましょう。

▼クーリングオフのやり方
クーリングオフは必ず、書面で通知することが大切です。書面は「はがき」で構いません。しかし、相手に届いたかどうかがわからないため、郵送した証拠になる特定記録郵便または簡易書留で送付すると後のトラブルが防げてよいでしょう。

はがきには、「契約解除通知書」と明記の上、契約年月日、商品名、契約金額、販売会社名、担当者名、「上記日付の契約を解除します」と書きます。契約解除の日付と自分の住所、氏名もお忘れなく。現金をいくらか支払っている場合は「なお、支払みの〇〇円を速やかに返金してください」と添えます。

はがきは送る前に両面をコピーして手元に控えを持っておきましょう。詳しい書き方は、各自治体の消費生活センターに電話して聞くとよいでしょう。

・脱毛サロンが倒産したら…
最近は脱毛サロンが倒産したという話もちらほらと聞きます。そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

▼脱毛サロンが加盟していた協会に連絡する
倒産した脱毛サロンが加盟していた協会に連絡してみましょう。残った契約分を別の脱毛サロンで施術してもらえる場合もあります。ただし、これも協会によってまちまちなので同じ条件で受けるのは難しいかもしれません。最終手段として知っておきましょう。

▼クレジットカードカード会社に相談
支払いをクレジットカード払いにしていた場合、カード会社に相談してみましょう。利用していた脱毛サロンが倒産したと伝えると、引き落としを停止してもらえる可能性もあります。必ずしも停止してもらえるとは限らないのですが、こちらも念のため覚えておくとよいでしょう。

<一部の悪質な脱毛サロンにご注意を!>
ほんの一握りですが、タチの悪い脱毛サロンでは強引な勧誘があるようです。
契約トラブルに巻き込まれると気力も体力も使ってしまい、大変です。そうならないためにも、契約するときは慎重に行いましょう。

・「はっきりNO」という勇気を持つ
必要のない契約には、はっきり「NO」と伝えましょう。あいまいにしていると弱みにつけこまれ、しつこく契約を勧められてしまうかもしれません。ほとんどの脱毛サロンははっきり断れば、しつこく契約をすすめることはありません。

また、脱毛サロンの契約は、高額なものになることも多いので、その場で決めず、周りの人に相談してから契約を決めるのがよいでしょう。

・脱毛サロンを選ぶポイント
脱毛サロンを選ぶときのポイントを以下にまとめました。決めるときの参考にしてくださいね。

▼ スタッフの技術力はどのくらいのレベルか
脱毛サロンのスタッフがどのくらいの技術力かもチェックしましょう。脱毛サロンのエステティシャンにも上手い人、下手な人はいます。あまりに未熟だと、肌トラブルにつながる場合も。

脱毛には、国家資格はありませんが、民間資格はあります。有資格者のいるサロンなら安心です。日本には以下のような脱毛サロンに関連する協会があります。各協会のホームページから、有資格者のいる脱毛サロンを調べることができるので、参考にするのもいいでしょう。専門知識が豊富なエステティシャンなら、肌トラブルも少なく、安心して施術を受けることができますね。

日本エステティック業協会
日本エステティック協会
IEA国際エステティック協会
国際エステティック連盟

▼脱毛サロン独自の資格取得支援制度やトレーニングシステムがあるか?
また、独自のトレーニングプログラムでエステティシャンを教育している脱毛サロンもあります。脱毛サロンのエステティシャン向け求人サイトを検索してみると、資格取得制度や独自の研修の有無がわかります。独自の研修を受けないと施術できない脱毛サロンなら信用できますね。

▼接客対応はよいか
脱毛サロンの施術は長い時間スタッフと一緒にいます。その際に暗い雰囲気だったり感じが悪かったりすると余計に疲れてしまいます。また、必要のない化粧品などを販売したりする人も中にはいますので要注意です。

▼脱毛サロンの室内は清潔か
脱毛サロンの室内はどんな雰囲気でしょうか? 清潔さがキープされている脱毛サロンなら、脱毛器やタオルなども綺麗なはずです。インテリアやアロマ、音楽など自分がホッとできるプラスαがあると、くつろぎながら施術を受けられて嬉しいですよね。細部までしっかりチェックして決めましょう。

▼通いやすさはどうか
いくら雰囲気が気に入っても職場や自宅から遠ければ通うのが億劫になります。通いやすい場所を選びましょう。

▼予約は取りやすいか
人気のサロンや都会のサロンは予約が取りにくいことも多いので、注意しましょう。

まとめ

脱毛サロンでの脱毛は痛みも少なく、美肌効果もあり、つるつるの理想の肌に近づくことが期待できそうです。また、病院よりも通いやすいのも嬉しいポイントですね。

しかし医療機関のレーザー脱毛と違い、弱めの光を当てて行われる脱毛サロンでの脱毛。長期間通うことになりますから、契約内容をよく確認し、脱毛サロンの雰囲気や清潔感をしっかり見極め、自分にあった脱毛サロンを見つけることが重要です。

いくつかの脱毛サロンを比較、検討して自分に一番合った脱毛サロンを選ぶことがオススメ。まず最初に、無料カウンセリングを受けて雰囲気を確認し、お試し脱毛で技術を確認しましょう。最近は少なくなっていると聞きますが、強引な勧誘で余計な契約をしてしまうというトラブルもあります。脱毛サロン選びは、信用できる友達や家族に相談しながら行うのがいいかもしれませんね。

雰囲気や技術力、肌トラブルが起きたときのケアが手厚いか、など、すべてに納得がいけば、契約を! 通いやすさが魅力の脱毛サロンですが、脱毛サロン選びは慎重に行ってください。

トラブルが起こらないよう、自分にピッタリの脱毛サロンを見つけて、プロによる快適な脱毛ですべすべな肌を手に入れてくださいね。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る