頭皮から変な臭いが!頭皮の臭いの原因を考える。


毎日洗ってるのにどうして!?頭皮が臭ってしまう原因とは

頭皮が臭い
頭皮が臭ってしまう主な原因としては、皮脂が過剰に分泌してしまうことが考えられます。頭皮からは加齢臭もすごいというのは、実は頭皮には皮脂腺がたくさんあるからで、その数はTゾーンの2倍もあると言われています。
ただでさえ皮脂が気になるおでこや鼻よりも、さらにその倍も皮脂が出るのです。どれだけの皮脂が出ているのか考えるだけでも恐ろしいですよね。
しかも、その皮脂がシャンプーの時に洗い流しきれないことで頭皮のにおいに繋がってしまうことも多いです。シャンプーで洗い流されずに残ってしまった皮脂は、ほこりや残ったシャンプー剤などと混ざって雑菌をどんどん繁殖させてしまいます。雑菌が繁殖すれば当然頭皮は臭います。

彼氏に臭いと思われている可能性も大きい

人に「臭い」とは当然言えないものです。たとえ恋人同士であっても夫婦でも言えないことは多いはず。なるべく自分で気づきたいですね。。。

頭皮は毛穴がとても大きい!

頭皮は毛穴が大きいので皮脂やフケ、整髪料などが詰まりやすいです。そのためきちんと洗い流せないと毛穴に詰まった汚れが酸化してしまい、においの原因になります。頭皮の汚れはきちんと洗い流すことが、頭皮が臭うのを防ぐことにもなります。
市販のシャンプーは頭皮のにおいがわからないぐらいに香料が強いので気が付かないこともあるのですが、なんとなく臭ってくることがあると思います。パートナーがいる人で頭皮のにおいが気になる時は、思い切って嗅いでもらうのも良いかもしれませんね。

特に要注意なのは髪を洗った後はいつもドライヤーで乾かしたりしないという人。

髪を乾かす

自然乾燥ですぐ乾くような短い髪の人であればまだしも、ロングヘアの場合は濡れた髪の毛の中で雑菌が繁殖してにおいを発生させてしまうこともあるのです。面倒かもしれませんが、雑菌が繁殖した頭皮はにおいの原因となるだけでなく抜け毛や薄毛にも繋がります。髪を洗った後はドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

髪ドライヤー

脂っこい食べ物ばかり食べていると、頭皮のにおいがキツくなる?

不規則な生活習慣や食生活の乱れによって、体臭や口臭がキツくなってしまったと感じたことはありませんか?実はそんな時、頭皮のにおいもキツくなっています。
特に脂っこい食べ物は皮脂を過剰に分泌させるとも言われています。野菜を食べるようにしたり、栄養バランスを意識して食事をするようにすると次第ににおいが落ち着いてくるはずです。生活習慣を規則正しいものにすることも忘れずに。不規則な生活はストレスも招き、ストレスは皮脂分泌を盛んにさせてしまうので、結果的に頭皮トラブルの原因、においの原因にもなりかねません。
まずは過剰になった皮脂の分泌を抑え、皮脂が毛穴に残らないように毎回丁寧に洗うことはもちろんですが、それでも詰まってしまった皮脂の酸化を防止するためにスペシャルケアとして頭皮のクレンジングを定期的に行うとさらににおいを防ぐことができますよ。

年齢が原因で頭皮が臭う?頭皮からも加齢臭がするのか?

最近なんだか頭が臭い…実は加齢臭が原因かも!
20代でも加齢臭がすることがある!

原因が分からない

満員電車などの人が密集しているところやエレベーターの中、トイレの中など、密閉された空間で「なんだか頭が臭うなあ」と思ったことはありませんか?ちゃんと髪の毛も洗っているのに、気になる臭いが止まらない…もしかしたらそれは加齢臭かもしれません。
加齢臭は皮脂腺から分泌された皮脂に含まれている脂肪酸が酸化することで臭うと言われています。皮脂腺は毛穴の奥にありますので、皮脂の多い部位は必然的に加齢臭が出やすくなるということになります。つまり皮脂の出やすい頭皮はそれだけ加齢臭を発してしまう部位だということです。
粘土っぽい、クレヨンみたいな臭い、湿ってるわけじゃないけれど不快な臭いなど、いろいろな表現がありますが決して良い臭いとは言えません。たとえ清潔であっても臭い次第で不潔に見られてしまうのも嫌ですよね。なんだか頭が臭いな?と思ったら、頭皮が皮脂でべたついていないかチェックしてみてください。

間違ったシャンプー方法で頭皮の臭いが強くなる!?

頭皮が皮脂でべたついていなくても加齢臭が出てしまっている場合もあります。しかし皮脂から出る臭いが加齢臭であれば、皮脂が必要以上に出ないようにすれば加齢臭はある程度防ぐことができるのです。また、間違ったシャンプー方法で頭を洗っているから余計に皮脂が出てしまい、加齢臭がひどくなっているという人もいます。
頭皮からの加齢臭を防ぐには、まずは頭皮にあったシャンプー選びと正しい洗い方で頭皮を清潔に保つことです。
シャンプーは洗浄力の強すぎない、必要以上の皮脂をとらないタイプのシャンプーを選びましょう。アミノ酸系シャンプーなどは肌と同じ弱酸性で刺激が少ないと言われています。頭皮を優しく洗い上げ、皮脂も必要以上に洗い流すことはないので皮脂が出すぎてしまうということもなく、加齢臭が強くなってしまうという事態を防ぐことができます。
また、自分に合ったシャンプーを選んでも洗い方が間違っていたら意味がありません。お湯で丁寧に頭皮の汚れをある程度落としたら、シャンプーをきちんと泡立てて優しく頭皮を洗ってください。髪の毛についた汚れは泡を流す時に一緒に流れてくれるので、髪の毛をこすって洗うということはやめましょう。
すすぎにも十分に時間をかけて、シャンプーの成分が頭皮に残らないようにしましょう。頭皮が臭いと感じる人のほとんどが、すすぎが不十分なせいで頭皮に皮脂が残り、臭ってしまっているという人です。
最後に、髪の毛を乾かす時は生乾きの状態は避け、きちんと乾かすようにしましょう。髪の毛が生乾きだと頭皮環境も湿度が高いものとなり、雑菌が繁殖して臭いの原因となってしまいます。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る