かゆい背中ニキビの原因と絶対に作らない方法


ニキビは一般的な皮膚病ですが、一度できるとなかなか治らないもの。そんなやっかいなニキビが背中にできたらムズムズかゆくて落ち着きませんよね。背中ニキビを放置しておくと、かゆみだけでなく、赤みが気になって、おしゃれも楽しめません。

かゆい背中ニキビ

背中ニキビができてしまっても、背中はふだん洋服に覆われていて、目が届きにくい部分であるため、ケアをつい後回しにしてしまいがち。そのまま放置しておくと悪化して、膿んでしまうなど重症化しやすいのも特徴です。

気持ちまで暗くなってしまう、背中ニキビはどのようにしたら改善できるのでしょうか? そのためにはまず、背中ニキビのことをきちんと知り、早めに対処することが大切です。

今回は、「背中ニキビができる原因」、「できてしまった背中ニキビの対処法」、「背中ニキビを増やさないための予防法」について調べてみました。

ニキビの基礎知識

(1)そもそもニキビってどんなもの?
(2)ニキビの原因を作る2つの菌とは?

それでは、まずニキビの基礎知識を学んでいきましょう。

(1)そもそもニキビってどんなもの?

皮脂腺の図軽い症状を含めれば成人の90パーセント以上が経験していると言われるニキビ。肌のトラブルとしては男性、女性を問わずおなじみのものといえます。
ところでこのニキビ、医学的には尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)、または痤瘡(ざそう)と呼ばれる皮膚疾患を指します。顔にできる顔ニキビだけでなく、背中にできる背中ニキビやお尻にできるお尻ニキビなど、身体ニキビと呼ばれるものもあります。

私たちの顔や背中には皮脂を分泌して肌をうるおす「皮脂腺」がありますが、この皮脂腺から分泌された皮脂がスムーズに排出されず毛穴に溜まってしまうのが、ニキビ発生の基本的なメカニズムです。
背中ニキビも他の場所にできるニキビ同様、何らかの原因で毛穴がふさがってしまうことによって発生します。

ニキビの症状としては、詰まった皮脂が酸化して黒くなる、炎症を起こして赤くなる、さらには膿んでしまうことなどが挙げられます。顔にできた場合の見た目はもちろん、人目に付かない背中ニキビやお尻ニキビもかゆみや痛みを伴うため、QOL(quality of life:生活の質)を下げる疾患と言われます。

(2)ニキビの原因を作る2つの菌とは?

2つの菌が原因
ニキビの発生には、ある種の細菌も関わっています。それが「アクネ菌」、「マセラチア菌」と呼ばれる2種類の菌です。

人間の肌には、肌のバランスを正常に保ち、コントロールしてくれる「常在菌(じょうざいきん)」と呼ばれる細菌がいます。アクネ菌、マセラチア菌もその仲間で、男女を問わず皮膚に多く存在しています。これらの菌が、毛穴が詰まっただけの状態から背中ニキビを発生させるのです。

「テレビCMで聞いたことある? ニキビの原因の多くはアクネ菌にあり!」
ニキビ薬のテレビCMなどで「アクネ菌」という名前を耳にしたことがある方もいるかもしれません。ニキビの原因の多くは、このアクネ菌にあると言われています。

アクネ菌は皮脂を好み、酸素を嫌うという性質を持っています。そのため酸素のない皮脂腺の奥に生息し、炎症を悪化させる原因になると言われています。また皮脂を好む性質から、皮脂分泌量の多い顔や背中、胸に多く棲み着くことが知られています。

アクネ菌は皮脂や汚れで詰まった毛穴の奥で活発に動き回り増殖を促します。そして皮脂を分解し、脂肪酸を作り出します。これがニキビの赤みに影響しているとも言われています。

さらに、アクネ菌が分泌するポルフィリンと呼ばれる物質は、紫外線に当たることで活性酸素を発生させ、皮膚細胞を破壊してニキビの炎症を悪化させることも分かっています。

「肌のカビ?様々な皮膚疾患を引き起こすマセラチア菌とは?」
アクネ菌と共にニキビの原因として知られているのが「マセラチア菌」です。特に、背中ニキビやお尻ニキビなど身体にできるニキビは、マセラチア菌が関係しているケースが多々あります。

マセラチア菌は真菌(カビ)の一種とされ、アクネ菌同様に皮脂を栄養源として増える細菌です。マセラチア菌は皮脂分解酵素のリパーゼを分泌し、それによって皮脂をグリセリンと遊離脂肪酸に分解します。遊離脂肪酸が酸化すると毒性を持った過酸化脂質に変わり、それが炎症につながると言われています。

近年では、脂漏性(しろうせい)皮膚炎やアトピー性皮膚炎など、様々な皮膚疾患と関わりがあることもわかってきており、背中ニキビの原因もこの「マセラチア菌」によるものが多いとされています。

背中ニキビの原因って何?

アクネ菌やマセラチア菌は、それだけではニキビにはなりません。皮脂の詰まった状態のお肌に、菌が関与して症状が出るのです。では、どうして皮脂の分泌が盛んになり、毛穴が詰まってしまうのでしょうか?

まず、皮脂の分泌が過剰になる原因として以下の5つが考えられます。

(1)男性ホルモンが原因
(2)食生活の乱れが原因
(3)ストレスが原因
(4)黄体ホルモンが原因
(5)石鹸の洗い残しが原因

(1)男性ホルモンの影響が背中ニキビの原因になる場合

背中ニキビの原因の一つが男性ホルモンです。「男性ホルモンは男性のものだから、私には関係ないわ」と思われる女性も多いかもしれませんが、女性の体でも男性ホルモンは作られています。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進する効果と、肌を硬くしてしまう角質化を促進する効果があり、いずれも毛穴を詰まらせる原因になります。排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり、やがて毛穴をふさぎます。

このように男性ホルモンが増えすぎ、バランスが崩れた時にニキビが悪化します。背中は特に皮脂腺が多い部位なので背中ニキビも同様と考えられます。

(2)食生活の乱れが背中ニキビの原因になる場合

仕事や趣味に没頭していておろそかになりがちな食生活も背中ニキビの原因になります。手軽なコンビニの菓子パンや甘いカフェラテなど、炭水化物や糖分を多く含む食品は、食後に血糖値が急上昇する「高GI食品」と呼ばれています。このGIは「Glycemic Index」の略で血糖値が上昇する速度を表す指標となっています。

血糖値を下げるために分泌されるインシュリンには、男性ホルモンを刺激する働きもあるため、結果的に皮脂の過剰分泌を引き起こします。チーズや生クリーム、バターなど動物性脂肪の多い高脂肪食も同様で、脂肪分が皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加させ、毛穴を詰まらせます。つまり、食生活の乱れも背中ニキビの原因にもなるのです。

(3)ストレスが背中ニキビの原因になる場合

イライラやストレスが美容に悪い影響を与えるのは今や常識ですが、背中ニキビもそうしたストレスが原因であることが多いようです。

多忙で不規則な現代型の生活はストレスをためやすく、体が絶えず緊張・興奮状態で交感神経が優位に働きます。この交感神経が男性ホルモンの分泌を促し、女性の体を男性ホルモン優位の体質へと変えてしまうのです。

ストレスによってホルモンバランスを崩した体のサインは、顔にできるニキビをはじめ、背中ニキビ、お尻ニキビという形で表れます。

(4)黄体ホルモンの影響が背中ニキビの原因になる場合

普段は背中ニキビがないのに、生理前だけ背中ニキビができやすくなる方も多いのでは?

すでにご存じの方も多いと思いますが、女性には卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という、2種類の女性ホルモンがあります。

卵胞ホルモンは、生理後半から排卵にかけて分泌され、肌のうるおいやハリを出してくれます。また、女性らしい体つきを作って、妊娠の準備をする役割もあるホルモンです。

一方、排卵から生理前半にかけて分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、皮脂の分泌を増やしたり、シミのもととなるメラニンの産生を増やしたりします。このため、生理中は皮脂の分泌が増えて、背中ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

(5)石鹸の洗い残しが背中ニキビの原因になる場合

背中は体の中でも、手が届きにくく洗いにくいところ。気にかけていても洗い方が不十分になりがちな場所と言えます。少しだけ残ったボディソープや石鹸などの成分が背中ニキビを刺激したり、毛穴を詰まらせたりする原因になることも多いのです。

また、目が届きにくい場所であるため、自分では気付かないシャンプーやトリートメントの泡や洗い残しが背中ニキビを悪化させることもあります。シャンプーやトリートメントに含まれる界面活性剤や添加物なども、背中ニキビにとっては悪影響です。

一般的な石鹸やシャンプーは、皮膚をアルカリ性にする性質があります。皮膚はアルカリ性から回復する能力を持っていますが、洗い過ぎや水分不足が重なるとその回復力は低下します。その結果、皮膚表面や毛穴の中でアクネ菌が急激に増殖して、背中ニキビを悪化させることがあるので注意が必要です。

背中ニキビの改善方法を知ろう

では、背中ニキビができてしまったらどんな改善方法があるかを見ていきましょう。

(1)男性ホルモンが原因の背中ニキビの改善方法
(2)食生活の乱れが原因の背中ニキビの改善方法
(3)ストレスが原因の背中ニキビの改善方法
(4)黄体ホルモンが原因の背中ニキビの改善方法
(5)石鹸の洗い残しが原因の背中ニキビの改善方法
(6)それでも背中ニキビが治らない場合

(1)男性ホルモンが原因の背中ニキビの改善方法

ストレスによって交感神経が活発になると、男性ホルモンが分泌されて背中ニキビが悪化する傾向にあります。まずはリラックスして副交感神経優位となるような生活習慣を取り入れることが重要です。

食事を整えて、睡眠をたっぷり取るなどして、生活習慣を改善すると、男性ホルモンが減少し、徐々に背中ニキビができにくい体質に変えていくことができます。

食事

背中ニキビができやすい、甘いものや脂っこい食べ物を避け、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
詳しくは、背中ニキビは食べ物で予防できる!を参照ください。

睡眠

睡眠時間は最低でも6~7時間。ゆっくりと眠ることが大切です。
これより短くなってしまうとホルモンバランスが乱れ、背中ニキビができやすくなってしまいます。

また、良い睡眠習慣をつけるために、TVやスマホは就寝1時間前にはやめましょう。「寝る時間になっても眠くならない…」という日も夜更かしせず、布団に入って目を閉じる習慣をつけると、理想的な睡眠サイクルができます。たっぷり寝た朝には、肌の状態もぐんと快調になっているはず。

眠りは体の休息であるとともに、脳の休息でもあります。心にため込んだ葛藤が、眠っている間に夢の中で解消されていくことも多いと言われます。背中ニキビのために始めたことが、ストレス解消にもつながり一石二鳥です。

ストレス

ストレスが多すぎるとホルモンバランスが崩れてしまいます。
適度な息抜きなどでストレスを解消しましょう。
⇒詳しくは、ストレスが背中ニキビの原因になる場合を参照ください。

(2)食生活の乱れが原因の背中ニキビの改善方法

背中ニキビを防ぐためには、食生活の改善も大切です。
積極的に摂取したいのが、皮脂の代謝を正常化するビタミンB2、背中ニキビなどの炎症を予防するビタミンB6、皮脂分泌を抑制するビタミンCの3種類です。
以下の食品に多く含まれているので、背中ニキビを解消するため、献立に取り入れてみてくださいね。

  • ビタミンB2…レバー、うなぎ、大豆など
  • ビタミンB6…青魚、プルーンなど
  • ビタミンC…キウイ、ピーマン、ジャガイモ、ブロッコリーなど

普段の食生活で充分な摂取が望めないようであれば、サプリメントなどの栄養補助食品を活用するのも良いでしょう。

(3)ストレスが原因の背中ニキビの改善方法

ストレスの少ない生活習慣を維持することは背中ニキビを改善する近道です。
ストレス解消というと、旅行に出かけたりジムに行ったりと手間やお金がかかりそうなイメージがありますが、毎日のちょっとした習慣付けで簡単に改善できます。

オフィスや家庭でも簡単!こまめに運動する習慣をつけよう

ストレスをため込まないようにするには休憩も必要ですが、ちょっとだけ体を動かすのも効果的。

オフィスや家庭のリビングでは狭くて、本格的な体操をするのも難しいかもしれませんね。そういう場合は、椅子に座ったまま手を上げて伸びをしたり、同僚と協力してストレッチをしてもいいでしょう。また移動の際に、エレベーターやエスカレーターを使わず、階段の上り下りをしたりするだけでもリフレッシュできますよ。

深呼吸と「ゆっくりの水分補給」をクセにしよう!

深呼吸を10分間続けるとリラックスホルモン「セロトニン」が増加して、精神的な疲れから解放してくれる効果があると言われます。また、日常的な動作をゆっくりすることで自律神経が整い、脳もリラックスするのだとか。

日々の生活で深呼吸を10分続けるのはハードルが高いかもしれませんが、時々深呼吸をしてみたり、水分補給の際にゆっくりと水を飲む、ということをクセづけるだけでも、ストレスコントロールの効果が期待できます。背中ニキビのかゆみも自然と気にならなくなるかもしれません。

(4)黄体ホルモンが原因の背中ニキビの改善方法

イライラしたり、落ち込んだり、体だけでなく心にも変化が出やすい生理前。
女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるデリケートなこの時期は、いつも以上に運動やストレッチ、十分な入浴をしてストレスを解消するのがおすすめです。自分の好きなことをやる時間を確保して、趣味に没頭するのも効果的。面倒だと思わずに、ゆっくり自分をいたわってあげましょう。

それでも改善が見られない場合は、低容量ピルや漢方薬も効果があります。副作用が出る場合もあるので、必ず医師に相談して服用するようにしましょう。

低容量ピル

ピルと聞くと避妊効果の高い薬というイメージですが、実はその他にも効果がたくさんあります。
低用量ピルを服用すると、月経前のホルモンバランスの変化が少なくなります。そのため、ホルモンバランスに影響を受ける背中ニキビなどの肌荒れの症状を軽減する効果もあるそうです。処方は産婦人科でしてもらうことができます。気になる費用ですが、約2,000円~3,000円程度だそうです。

漢方薬

より体に負担のない形で体調を整えたい場合は漢方薬という方法もあります。専門医に相談することで、体質に応じて処方してもらえます。

(5)石鹸の洗い残しが原因の背中ニキビの改善方法

石鹸の洗い残しが背中ニキビの原因の場合は、入浴の際にシャワーなどで背中ニキビのまわりをしっかりとすすぐ事が大切です。シャンプーやリンスを低刺激なものに変えるなど、患部を刺激しないようにしましょう。

また、根本的な解決としては入浴方法の見直しが必要ですが、下記のような方法で状況を改善することもできます。

天然繊維の下着をつける

また背中ニキビに直に触れる下着は、肌触りの良いものを身に付けましょう。
汗をかいて蒸れてしまうとせっかく治りかけていた背中ニキビも悪化してしまいます。少し高価ですが、吸湿性の良い、オーガニックコットンや絹など天然繊維に取り替えるのもおすすめです。汗をかきやすい季節はすぐに着替えることも効果的です。寝汗が背中ニキビを悪化させることもあるのでパジャマも綿素材のものを選んでみましょう。

ピーリング石鹸を使う

背中ニキビは毛穴のつまりが原因ですが、古い角質を取り除く「ピーリング石鹸」を入浴時に使えば、肌のターンオーバーを早め、背中ニキビを早く治すことができます。最近はドラッグストアやネット通販でも気軽に手に入るようです。

ただし、使い方を間違えると、背中ニキビに刺激を与えすぎてしまい、背中ニキビを悪化させる可能性もあるので、不安な方は医師に相談の上で使用してください。

(6)それでも背中ニキビが治らない場合

生活習慣を整えれば、背中ニキビは改善されることが多いようです。しかし、かゆみや痛みが強い場合には、専門医を受診するようにしましょう。炎症が酷いなど重症化してしまうと、ニキビ跡が残ることにもなりかねません。自分でケアしきれないときには、無理をせずにクリニックを利用してみましょう。

より確実に治療したいなら「ニキビ専門のクリニック」へ

ニキビは一般的な皮膚疾患なので皮膚科で診てもらえますが、ニキビ専門のクリニックなら、背中ニキビについてもより専門的な問診とさまざまな治療方法が試せます。ビタミン剤や抗生剤、ホルモン剤なども保険適用で安価で手に入れられるのもうれしいですね。

専門クリニックで試せる背中ニキビの治療法

専門クリニックでは内服薬、塗り薬以外にも、以下のような方法で治療が行われます。保険適用でない自由診療である場合もあるので、まずはお医者さんに相談してみましょう。

ピーリング
背中ニキビ治療のスタンダードな方法です。ピーリング薬液で皮膚のターンオーバーを促します。価格はピーリング薬液によって大きく差が出ますが、1回3,000円~20,000円ぐらいが相場のようです。
光治療
体に副作用のない生体アミノ酸を服用し、光線を当てて毛穴の奥の雑菌を殺菌する方法です。
レーザー治療
肌の深部にレーザーを当て、肌のターンオーバーを促します。ニキビ跡もきれいに消える方法ですが若干の痛みがあります。

背中ニキビを予防する3つの方法

背中は手が届きにくく、ケアがしにくい部分。一度ニキビができてしまうと悪化しやすく跡が残ってしまいがちです。そこで、背中ニキビができないようにはどんな予防ケアがあるかご紹介します。

(1)背中ニキビは食べ物で予防できる!
(2)背中ニキビは入浴方法の見直しで予防できる!
(3)背中ニキビはストレス解消で予防できる!

背中ニキビに有効な栄養素

栄養素 主な効果 多く含まれる食品
ビタミンA 毛穴の詰まりを解消し、肌のターンオーバーを促してくれる栄養素です。

肌が生まれ変わる周期は28日前後が正常とされており、この周期が守られていれば、背中ニキビなどの肌トラブルも治りやすくなります。また、皮膚や粘膜のうるおいを保つ効果もあるので積極的に摂りたい栄養素の一つです。

にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉などの野菜。エダムチーズ、カマンベールチーズなどのチーズ類。バター、卵、うなぎ、レバーなど。
ビタミンB2 皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消してくれます。過剰分は尿により体外に排出されるので、多めに摂取しても問題ありません。 卵、レバー、うなぎ、納豆、アーモンドなど
ビタミンB6 新陳代謝を促し、新しい肌を作ります。ビタミンB2と共に皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、料理などと一緒に摂取すると効果的です。 まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなど
ビタミンC コラーゲン線維の生成促進。メラニンの生成抑制、抗酸化作用など、美肌をキープするのに必要な栄養素です。サプリやお菓子でも取り入れやすいのが特徴です。 緑黄色野菜、果実、芋類など
ビタミンE 高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善してくれます。ビタミンCとの相乗効果が高く、一緒に摂取するとより効果的です。 レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜など
コラーゲン アミノ酸として吸収され、新しい肌を作る材料となります。酸素や栄養素を細胞に届ける働きもあります。 鶏皮、鶏軟骨、牛筋肉など
食物繊維 便秘や肥満の予防、脂質代謝を調整してくれます。 サツマイモ、ごぼう、キノコ類、豆類、藻類
ミネラル ホルモンバランスを整え、肌のターンオーバーを促してくれます。 カルシウム…チーズ、牛乳、キャベツ、にんじん、イチゴなど
マグネシウム…穀物、昆布など
亜鉛…牡蠣、カシューナッツなど

背中ニキビは入浴方法の見直しで予防できる!

「背中ニキビに悩んでいるけど、カラダは適当に洗っている…」という方は要注意。背中ニキビの予防や対策を考えるとき、まず一番に挙げられるのがお風呂です。背中ニキビを防ぐ、正しいお風呂の入り方を学びましょう。

シャンプー・リンスの仕方

髪をなるべく前に垂らした状態でシャンプーやリンスをすすぐと、背中ニキビに掛からずに◎。髪の長い方は洗髪後もクリップなどで留めておくと、すすぎ残しの成分が背中ニキビに当たらず安心です。

体を洗う順番の見直し

初めに頭髪、続いて顔、最後に体の順で洗うのがおすすめです。
最後に体を洗うことで、わずかに体にかかったシャンプーの成分を洗い流すことができます。お風呂の鏡を使って背中に泡が付いていないかチェックしましょう。

洗いすぎに注意

背中ニキビはその痒さや脂っぽさから、しっかり洗いたい気持ちになるもの。でも、背中ニキビのできた背中をゴシゴシこするのはNGです。肌に必要な潤いを失って背中がカサカサになってしまうからです。肌の柔軟性が失われて毛穴を詰まらせないよう、綿など柔らかい天然繊維のタオルで優しく洗いましょう。

家庭でお手軽ピーリング

普段から毛穴を詰まらせないためには、ピーリングもおすすめです。
ピーリングとは、酸性の薬剤を使って、余分な角質を溶かしてはがすスキンケアの方法です。余分な角質を取ると毛穴が詰まりにくくなり、肌の新陳代謝もよくなります。

ピーリング用の石けんやローションなどはドラッグストアなどで簡単に手に入ります。ただし、使っていて背中が赤くなったり、背中ニキビがヒリヒリするような痛みを感じたときは、すぐに使用を中止しましょう。

ピーリングの後は、角質が一時的に薄くなるため、紫外線の影響を受けやすく、ダメージの原因になります。季節を問わずしっかりと保湿&UVケアをしましょう。

お風呂上りに背中ニキビも化粧水ケア

お風呂できれいさっぱり洗えたら、洗顔後のケア同様に、背中ニキビも化粧水でケアしましょう。

しかし、油分の多いものはアクネ菌の栄養素になってしまうので避け、ニキビ用のものや、ビタミンC誘導体入りのものを選ぶのがおすすめです。”

背中ニキビはストレス解消で予防できる!

ストレスストレスによる背中ニキビをシャットアウトするためには、ストレスを受けない生活習慣を心がけることが大事です。

ストレスの対処方法はさまざまですが、基本は3Rと呼ばれる、Rest(休息)、Relaxation(リラクゼーション)、Recreation(レクリエーション)が重要になるそうです。規則的な睡眠サイクルと、適度な運動、そして趣味の時間を持つことがストレス解消の基本になります。

その他にも、以下のような方法があります。特別な道具なども必要とせず気軽に始められる方法なので試してみてはいかがでしょうか。

効果的なリラックス方法

半身浴でリラックス
副交感神経が優位になり、リラックスした状態を維持することができる半身浴がおすすめです。38~40℃くらいに調節したぬるめのお湯に20分くらい長めにつかると汗をじんわりかいてデトックス効果も高まります。お家ですぐに試せる手軽な方法ですよ。
自律神経を整える腹式呼吸
自律神経とは、体の中で自分の意思と関係なく、さまざまな刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしてくれる神経のこと。ただし、呼吸だけは自分の意志で自律神経を調節できる唯一の方法と言われています。

たとえば、ゆっくりと呼吸を整えることで、自律神経を調整できます。
楽な姿勢で座り、鼻から大きく息を吸い、ゆっくりと息を吐きます。これを2、3回行います。何度か繰り返しているうちに穏やかな気持ちになれるので不思議です。

決め手は生活習慣の改善!背中ニキビの原因&対策を知って背中ニキビに「さようなら」

適切なスキンケアと食生活の見直し、生活習慣を整えることで背中ニキビは改善することができるようです。全ての方法を試してみるのは難しいので、「食生活だけ変えてみよう」とか「睡眠時間だけは確保しよう」など、どれか一部だけを取り入れるところから始めてみるのも良いかもしれませんね。

最後に、生活習慣を改善しているのにもかかわらず、全く効果が見られない場合は「マラセチア毛包炎」や「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」など、ニキビ以外の皮膚疾患の疑いもあります。早めに皮膚科などを受診してみてくださいね。

背中ニキビに関する記事一覧


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る