そのスキンケア、シミを増やしていませんか?シミの改善と予防方法の基本


見るたびに嫌になってしまうシミ。顔だけでなく体にもシミができてしまっているという人も少なくありません。
シミはすぐにできるものではないので、その時は特に問題がなくても数年経ってからジワジワと目立つようになってきます。シミの種類によっては気がついてから改善するのでは既に遅いこともあるので厄介です。
シミのないきれいなお肌は若く見えることもあり、女性の憧れでもありますよね。
今回はシミの原因から改善方法、予防方法についてご紹介します。
いくつになっても若々しいお肌でいるためにも、すでにできてしまったシミは改善し、今後もシミができないように心がけましょう。

紫外線シミができる原因といえば、有名なのが紫外線ですよね。
紫外線を浴びることで肌が刺激を受け、肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。このメラニン色素がシミの素となります。
つまり紫外線を浴び続ければそれだけ肌が刺激から身を守ろうとしてどんどんメラニン色素が生成され続けてしまうので、気がついた時にはシミだらけということになってしまうのです。

また、シミができてしまう原因は1つではありません。紫外線はもちろんですが、ニキビや吹き出物などで炎症を起こしてしまった跡がシミとなってしまうこともあります。
ストレスや睡眠不足といった生活習慣によってもシミが増えてしまうことがありますので、日頃からシミの出来やすい生活をしている人も現代では多いのです。

さらに、加齢や出産・妊娠などで女性ホルモンの分泌が異常となってしまうとシミができやすくなります。
ある程度年齢を重ねればシミができてしまうのも当然とは言われるものの、女性としては何歳になってもきれいな肌でいたいものですよね。

紫外線にせよストレスにせよ、女性ホルモンやニキビなどの炎症にせよ、肌への刺激となってしまうようなことをすればメラニン色素が生成される、つまりシミができてしまうということになります。
メラニン色素は肌を守るためには必要なものですが、そのまま色素が肌に残ってしまうとシミとなってしまうのです。

しかし、メラニン色素が生成されていても、きちんと排出できるような生活を心がければシミはできにくくなります。逆に肌のターンオーバーが正常でない人や、乾燥肌や不健康な肌の場合は紫外線などからの影響も受けやすく、メラニン色素を排出しにくくなっているのでシミとなって肌に残りやすくなってしまうのです。

シミを治すのは時間がかかる

時間を費やすシミは1日で治るようなものではありません。とにかくシミを薄くするのには時間がかかってしまうので、毎日美白を心がけている人でもついついあきらめてしまいがちです。

特に、若い頃は常に紫外線を浴びていた場合などはシミに気づいた頃には手遅れとなっている事も多いです。
紫外線を浴びてすぐにお手入れをしていればまだしも、蓄積されてしまったメラニン色素を除去するのには相応の時間がかかってしまいます。

シミの種類によってはレーザー治療などでやっと薄くなるようなものだったり様々ですが、たとえ薄いシミでも完全に消すためには1年以上かかったという人も少なくありません。
それだけ時間がかかってしまうシミだからこそ、早めのケアと予防が必要となってきます。
さらに、美白化粧品や皮膚科の治療など、シミの改善には少々お金がかかってしまうこともあります。
日頃からいかにシミを増やさないようにするかにかかっているので、今まで何もせずにいたという人は今は大丈夫でも数年後、早くて数ヶ月後にはシミとしてお肌に現れてきてしまうかもしれません。

時間差で出来始め、改善にはその倍以上時間がかかってしまう可能性もある、というのがシミの厄介なところなのです。

シミ改善は難しくない!

シミの改善には時間はかかってしまっても、決して難しいことではありません。つまり、簡単なケアでも十分に改善できるということです。
もちろん時間はかかってしまいますが、シミができてしまう原因を避けてしまえばシミができるようなことはほとんどありません。

ただ日焼け止めを使うようにしたというだけでもシミに効果があった人もたくさんいますし、口コミでは美白化粧品が人気です。
美白化粧品であれば毎日のスキンケアに取り入れることができるので、面倒臭がりの人でも気軽にシミ対策ができます。

加齢や女性ホルモンの分泌異常などは仕方がない面もありますが、それでも女性ホルモンの分泌を正常に近づける方法もあります。
今の時代、サプリメントや皮膚科の治療などで時間をかけずにシミを改善していくことも可能なので、万が一シミがたくさんあるという人でも諦めてしまうことはありません。

また、できてしまったシミを治すのには時間がかかってしまっても、まだシミとなって肌の外に出ていない「シミ予備軍」を退治してあげるだけでもかなり違ってくるはずです。
時間はかかっても地道にケアすればシミは薄くなっていきます。
実際にシミを改善させた人のほとんどは努力を惜しまずにシミケアを続けているのです。
特別難しい方法が必要なわけでもなく、ケアを続ける努力が重要です。

口コミで多いシミ対策

シミが薄くなったとの口コミも多い方法といえば、美白化粧品を使ったシミ対策です。
今は様々な美白化粧品が出ていますが、スキンケアに取り入れるだけで簡単にシミケアができるということでも人気ですよね。

万が一紫外線を浴びてしまったという人でも、毎日美白化粧品でお手入れしていればシミ予備軍に効果的なだけでなく、できてしまっているシミもだんだんと薄くなっていきます。

特にシミに効果的と言われているビタミンCは化粧品によく含まれています。ビタミンCはシミを防ぐだけでなく、生成されてしまったメラニン色素を抑えてくれます。
口コミで特に人気の美白化粧品にはビタミンC誘導体が含まれている事が多いですが、ビタミンC誘導体はビタミンCに比べるとお肌への吸収力も数十倍になります。
シミの原因となる活性酸素を除去してくれる効果があるので、美白化粧品でシミ対策を行う場合はなるべくビタミンC誘導体が配合されたものを選んだ方が良いでしょう。

中には「美白化粧品」とうたっているにも関わらず、シミに効果のない成分ばかりというものもあります。美白化粧品を使う際には、どんな成分が含まれているかまでチェックしてから選ぶようにしましょう。
ビタミンC誘導体はもちろん、アルブチン、プラセンタ、トラネキサム酸などもシミには効果的です。

たった1日で効果が出てくるわけではありませんが、毎日気軽に続けられるので気がついたらシミが薄くなっていた、という人も多いのでまずはスキンケアでシミ改善を始めてみることをおすすめします。

食生活でシミ撃退

シミ対策をしているにも関わらず、なかなかシミが薄くならないという人は食生活が偏っていませんか?

食事なんてシミ対策と関係ないと思いきや、体の中からシミを薄くするためにはとても大切なことなんです。
特に美白化粧日やサプリメントなどを使用しなくても、シミに効く栄養素の多い食事をしているという人はシミも出来にくく、出来てしまったシミも薄くなるのが早いと言われています。

また、食生活を変えることでお肌の調子が良くなり、美白化粧品の成分も浸透しやすくなりますので結果的にシミ改善にはかなり効果的であるということがわかります。

既にできてしまったシミを薄くしたいのであれば、ビタミンCの多い食材を豊富に取り入れるようにすると良いでしょう。
いちごやレモン、アセロラなどの果物はもちろん、キャベツやさつまいもなどにもビタミンCは含まれています。
ビタミンCは水溶性のビタミンのため、たくさん摂取しても尿と一緒に排出されてしまいます。なるべく朝、昼、晩とまんべんなく摂取するようにするといいでしょう。

メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあるのはビタミンAです。ビタミンAは緑黄色野菜や牛乳、レバー、卵黄などにも含まれています。
こちらは脂溶性のビタミンです。油や熱にも強いので、生で食べるよりは炒めたりしてから食べた方がおすすめです。

自分で食材を選び、調理した方が良いですが、普段からコンビニなどのお弁当ばかりという人でも、どんな食材を使われているかをチェックしながら食べるようにしてみましょう。
普段からジャンクフードやインスタント食品ばかり食べている人は、食生活を変えるだけでもシミも改善しやすい肌になっていくはずです。

やっぱり、皮膚科治療はおすすめ

病院シミ改善には時間がかかってしまうものですが、少しでも早く薄くしたいという場合は皮膚科での治療がおすすめ。
お金はかかってしまいますが、それだけ効果はてきめんです。

皮膚科でのシミ取りはレーザー治療だけではありません。
もちろんレーザー治療、光治療といったものもありますが、お薬を塗ったり内服することでシミを薄くしていくという方法もあります。
どちらの方法が適しているかは専門医が診て処方してくれるので、時間をかけずにシミを改善したいという場合はクリニックや皮膚科などの受診を考えてみるのも良いでしょう。

シミにも種類がありますので、自分でやっていたシミケアが実は全く効果のない方法だったという場合もあります。
何年もシミ対策を行っているにもかかわらず効果が出てこない、シミが濃くなった、というのであれば一度専門医に診てもらった方が効果的な治療法がわかるかもしれません。

シミ取りで使用される内服薬には、トランサミンやビタミンC誘導体、Lーシステイン、ビタミンEなどが配合されている事が多いです。
外用薬にはハイドロキノンやトレチノインといった成分が配合されています。
これらは市販のものよりも濃度が高いので、薬を飲む回数や塗る回数などは決められています。医師の指示を守った上で使うようにすると効果的です。

特に肝斑などは普通の美白化粧品ではほとんど効果がありません。皮膚科で内服薬を服用したら改善出来たという人が多いので、シミの種類によっては最初から皮膚科の受診をした方が早いという場合もあります。
高価な美白化粧品を一生使い続けるのもいいですが、自分のシミの原因を知ってから、それに合った治療をした方が時間もそれほどかからずシミを改善できますよ。

要注意!対策がアダになる

シミ対策のためにやっていることが、実はシミを増やしてしまっていることも多いので注意が必要です。

特に美白のために朝から柑橘系の果物を食べているという人は気をつけましょう。
柑橘類に多く含まれるビタミンCは確かにシミには良いのですが、グレープフルーツやオレンジにはソラレンといった成分が含まれています。このソラレンは紫外線を吸収しやすくしてしまう成分のため、朝からソラレンの含まれる果物を食べて紫外線を浴びてしまうと、よりシミができやすくなってしまうのです。
ソラレンは体内で分解されるのに7時間ほどかかります。そのため柑橘類を食べるのであれば、なるべく夜に食べるようにするようにしましょう。
健康のために朝からスムージーを作って飲んでいるという人はソラレンの含まれる食材を入れずに作った方がシミ対策になります。

また、できてしまったシミを隠そうとファンデーションやコンシーラーなどでシミの部分をゴシゴシと擦っているのもシミを増やしてしまったり、濃くしてしまう原因となります。
擦ってしまうとその分肌へ刺激が加わりますので、その部分にメラニン色素が生成されてしまうのです。
シミがある部分はどうしても気になってしまいますが、なるべくシミには触れないようにしましょう。隠すのではなく、日頃のお手入れで薄くすることを意識すると良いでしょう。

シミ対策に紫外線は恐ろしい敵

シミができる原因の多くが紫外線によるものです。つまり、シミを予防するであればどれだけ紫外線から肌を守るかが重要となってきます。

紫外線が強い春?夏にかけては日焼け止めを塗っているといても、冬は何も対策をしていないという人が多いですが冬でも紫外線は降り注いでいます。
シミを増やしたくないのであれば、季節を問わず常に紫外線からは肌を守らなくてはいけません。

また、ニキビや吹き出物もシミの原因となります。日頃からニキビや吹き出物のできにくい肌作りを心がけましょう。
そのためにはストレスや睡眠不足にも注意しなければなりません。
さらに、ニキビや吹き出物が炎症を起こした後に紫外線を浴びてしまうとさらにシミが濃くなってしまう可能性があります。紫外線対策と併せてスキンケアを見直してみることも大事です。

肌のターンオーバーが正常であれば、生成されてしまったメラニン色素も外に排出されていきますので、シミとなり肌に蓄積されることがありません。
ターンオーバーを正常に保つ方法としては、規則正しい生活はもちろん栄養バランスの良い食生活、睡眠時間を十分にとるなど基本的な生活に注意すること。また、肌の保湿を心がけたり、ピーリングなどで必要以上に角質を落としてしまわないようにすると良いでしょう。

肌のターンオーバーが正常化し、肌の状態が健康になることで紫外線のダメージを最小限に抑えることもできます。そのためシミ予防にも繋がりますので、普段のスキンケアと生活習慣を今一度見直し、シミのできにくい生活を送るようにしてみましょう。
できてしまったシミはすぐには改善できませんが、毎日シミ予防を続けることで自然とシミも薄くなり、シミそのものもできにくくなるはずです。


関連記事

運営者情報

  • 彩プロフィール写真 鈴木 彩 美容や脱毛、肌ケアについての悩みを解決したく色々な情報を収集&配信しているライターです。当サイトの運営者です。
  • MOZUKUプロフィール写真 MZUKU
    美容雑誌でフリーランスのお仕事も受けているライターです。美容系雑誌編集部での勤務経験がある本格派ライター。

当サイトについて

当サイトは、ヘアケア・脱毛・肌ケアについての情報をフリーランスのライターが体験談や情報収集をもとにライティングし、情報発信しているWEBサイトです。ライター独自の視点からの意見や調査、体験者への取材等でほぼ記事を作成しておりますので、掲載している美容用品や効果を保証する内容ではございません。 あくまでもご自身で美容・脱毛等のケアを行う際の、ご参考用としてご活用をお願い致します。
お問合せはこちらから >>
運営者情報 >>
免責事項・ご注意事項 >>
ページ上部へ戻る